エッチな体験談 人妻、不倫

人妻、不倫、夫婦ネタのエッチな話、体験告白集です

女医

人妻のみゆきさん(1)

俺、単にスーパーで見かけたってだけの人妻がたまらなく魅力的で、買い物したレシートの裏に電話番号書いて渡したことがある。 魅力的な主婦に渡した紙にはこう書いた。 「決してふざけているわけではありません。  あなたを一目見て、色んなお話をしてみたいと強く思いました。  090?××××ー△△△△ 」 焦りまくって書いて、渡したあとに名前も書いてないことに気付いた。 渡す時に、「こ、こ、これっ」とガチガチに緊張しながら手渡して、逃げるようにしてその場を去った。相手の表情なんかもまったく確認せず下を向いたまま、俺は非常に怪しさ爆発な男だったと思う。 俺ならこんな奴近づいてきたら身構えるかもしれません。続きを読む

料理上手な人妻と(2)

鉄壁のディフェンスがわずかに崩れた感じがしました。
「さやかさんの手料理食べてみたいなぁ…」
これが的確にさやかさんのハートを
HITしたのかどうかはわかりませんが、
ちょっと だけさやかさんに変化が現れました。
「貧乏学生、ちゃんと美味しいもの食べてるの?」
貧乏学生なんて言われたけど親しみを込めた言い方でした。
続きを読む

人妻の淳子さん(1)

俺、単にスーパーで見かけたってだけの人妻がたまらなく魅力的で、
買い物したレシートの裏に電話番号書いて渡したことがある。

魅力的な主婦に渡した紙にはこう書いた。
「決してふざけているわけではありません。
 あなたを一目見て、色んなお話をしてみたいと強く思いました。・・・℡番号・・・」
焦りまくって書いて、渡したあとに名前も書いてないことに気付いた。
続きを読む

貸与妻

  妻は私より3歳年下の31歳の女医です。
男性経験のなかった妻と結婚して2年になり、まだ子供はいません。
私が単身赴任することになり、仕事の関係で一緒に行けない妻を 私が行きつけの居酒屋で親しくなった55歳の単身赴任中のA氏に貸与しています。
当然、貸与妻になるように話をした当初は、怒って2日程は口も聞いてくれませんでしたが、 根気強く説得してお話し相手としてだけでもと言う条件で、会うだけ会ってみますと言って、 妻はA氏とお見合いをしました。
22歳年上のA氏は上手に妻と接してくれて、 それからたびたび妻はショッピングや食事等のデートをしていましたが、 私の赴任日が近くなったある日、普段よりもずいぶん妻が帰って来た翌日に 妻が「A氏の奥さんになります」と言いました。続きを読む

貸与



妻は私より3歳したの31歳の女医です。
男性経験のなかった妻と結婚して2年になり、まだ子供はいません。
私が単身赴任することになり、仕事の関係で一緒に行けない妻を私が行きつけの居酒屋で親しくなって55歳の単身赴任中のA氏に貸与しています。
当然、貸与妻になるように話をした当初は、怒って2日程は口も聞いてくれませんでしたが、根気強く説得してお話し相手としてだけでもと言う条件で、会うだけ会ってみますと言って、妻はA氏とお見合いをしました。
22歳年上のA氏は上手に妻と接してくれて、それからたびたび妻はショッピングや食事等のデートをしていましたが、私の赴任日が近くなったある日、普段よりもずいぶん妻が帰って来た翌日に妻がA氏の奥さんになりますと言いました。続きを読む

女医との出会い(2)

彼女は寧ろ自分から少し腰を突き出すような仕草で、
私の指の愛撫を受け入れている。
相変わらず乳首を舌先で転がしながら、
手をパンストの中に差し込み、直に彼女の小振りなおに。
この時には、口では駄目駄目を更に繰り返してきたが、
体を捩らせて快楽に入り込んでいる。
の柔らかな肉厚をの感触を楽しんでから、
続きを読む

事故を起こした巨乳妻が被害者と生エッチ

360:360:2014/01/19(日)18:12:49.93ID:ZK5mXZa70もう別れたので書きます。
若くて美人でいいカラダしてたのに・・・結婚2年目に妻(25歳)の様子がおかしいから問いただすと、実は事故を起こして、被害者(50代独身)に言い寄られて断れなかったと泣きながら話した。
弁護士に相談に行くと、妻が事情を詳しく聞かれて説明した。
洗いざらい聞かされた自分は精神を病んだ。
妻は職業柄交通事故はまずく、接触した後に怖くなって一度逃げてしまった。
でもすぐ戻って対処した。
被害者は妻を気に入ったようで、「逃げてない」ことにしてくれた上に、初めての事故で気が動転している妻に親切だった。続きを読む

人妻のみゆきさん(1)

俺、単にスーパーで見かけたってだけの人妻がたまらなく魅力的で、買い物したレシートの裏に電話番号書いて渡したことがある。 魅力的な主婦に渡した紙にはこう書いた。 「決してふざけているわけではありません。  あなたを一目見て、色んなお話をしてみたいと強く思いました。  090?××××ー△△△△ 」 焦りまくって書いて、渡したあとに名前も書いてないことに気付いた。 渡す時に、「こ、こ、これっ」とガチガチに緊張しながら手渡して、逃げるようにしてその場を去った。相手の表情なんかもまったく確認せず下を向いたまま、俺は非常に怪しさ爆発な男だったと思う。 俺ならこんな奴近づいてきたら身構えるかもしれません。続きを読む

「痴行媾悦①‥郡上Ⅱ」

 (Ⅰより 承前)〝見られた!〟と視線を上げると 彼と視線が合い、思わず二人で 〝ニヤリ〟と笑い合いました。
もう後はお互いに隠す気も無くなり こちらは彼の逸物に若干気が引けましたが、ピンピンのまま脱衣場へ出て テントを張るブリーフはペニスを上へ逃がして穿き、浴衣を引っ掛けて 一緒に部屋まで戻ります。
廊下で彼と別れ部屋に入ると 私は直ぐ戸に錠を掛けます。
踊りの会場へは ホテルのバスが出ますが、それまで 1時間近くあるので、勃起したペニスの始末を 女房にお願いしようと云う訳です。
女房は既に上りの化粧を済まし 外出の浴衣に着換え済みです。
これはもう お願いだけです。
 「ねえ… 今風呂でさぁ…」「?…」‥ 「ホラ… お隣の新婚さんのダンナと一緒だったんだ」「フーン…」。続きを読む

料理上手な人妻と(2)

鉄壁のディフェンスがわずかに崩れた感じがしました。
「さやかさんの手料理食べてみたいなぁ…」
これが的確にさやかさんのハートを
HITしたのかどうかはわかりませんが、
ちょっと だけさやかさんに変化が現れました。
「貧乏学生、ちゃんと美味しいもの食べてるの?」
貧乏学生なんて言われたけど親しみを込めた言い方でした。
続きを読む
エッチな体験談おすすめサイト
エッチ体験談が4万件以上!! レイプ体験談 痴漢体験談 不倫体験談・人妻体験談 近親相姦体験談 エッチ体験談 エッチな体験談 フェチ、マニア、性癖