エッチな体験談 人妻、不倫

人妻、不倫、夫婦ネタのエッチな話、体験告白集です

フェチ

百貨店のおばちゃん(6)

俺「す、すごい良かったです」
生野「白い液って、なんだが生ぬるいね」
俺「今度はゴムなしでやってもらえますか」
生野「ヤダ?、口の中に入ったら気持ち悪いぃ?」
茶目っ気たっぷりの40歳、生野アナの横顔はカワイかったぞ!
でもどうして急に上手になったのだろう?謎は深まるばかり。
俺「前にフェラはあまりしたことないからって言ってたよね。今日は凄かったっすよ」
続きを読む

久しぶりの・・・

約2ヶ月の間僕は、ある資格を取る為に猛勉強し、パソコンの電源すら入れる暇も無かった。
その間、Hも無く僕の性欲はピークに達していた。
おかげで無事資格も取れ、さぁ遊ぶぞという矢先の事だった。
僕は最近5年ぶりくらいにまた、唯一の趣味であるバス釣りを始めた。
休みになると車を走らせバス釣りに出かけた。
よく行く釣り場で若い夫婦と友達になった。
彼はバス釣りを始めたばかりらしく僕がバスを釣り上げるのを見て「良かったら釣り方を教えて下さいませんか?」と言ってきた。
僕も彼が釣れなくてイライラしていたのを見てたので「いいよ」と言って彼に釣り方を教えてあげた。
昼近くになると彼も数匹のバスを釣れるようにになりご機嫌になっていた。続きを読む

バンコクの日本街(2)

「不思議ね、うちの主人もそれが好きなの」 奥さんはやさしく私の頭を抱きかかえます。 「さあ、もう良いでしょう。シャワーに行きましょう」 私はやもうえず起き上がりました。 脇毛で僕を刺激してくれた思い出の若奥様先生とはその後一年間くらいの間に合計で10回くらいSEXをしました。 この日は次に、シャワーを浴びながらフェラチオをしてもらい、初めて精液を飲んでもらい、そろそろ子供を迎えに行かないといけないと言いながら急いで服を着る後ろ姿に私は思わず我慢できなくなり、3度目のセックスをバックからました。 それからは、学校ではチャンスは有りませんでしたが、 ご主人が出張に出ると自宅に呼んでもらい、お昼寝を続きを読む

美佐子36歳(1)

今年の春でした、既婚者の出会い系サイトで美佐子という46歳の女性と巡り会ったのは。
 彼女は、僕より4つ年上のスケベな女だった。最初の頃は、清楚な主婦を演じていたのだろう、しかし、2週間も経たない頃から徐々に本性を現してきた。
メールの内容がSEXに対する欲求でいっぱいになってきた。
「旦那は、相手にしてくれない」
「昼間から一人、ベッドの中でオナニーしているの」
「昨日は、あなたの事を想像してエッチなことしちゃった・・・」
 この様なメールが届くようになった。
続きを読む

彼女の友人に

 友子と同棲を始め4年が経っていた。  毎日顔を合わす4年は短いようで長く、信頼や愛情は以前と変わらなくても肉体関係のマンネリは防ぎようもなく、かといって二人で新境地を開発しようなんて欲もなくなっていた。  おのずとセックスレスな日々に陥り約2年半もの間、友子の敏感な部分に触れる事も無く逆に触れられる事もなく、単調な生活だけが二人の共通点となっていた。  俺自身、募った欲求を満たす為に浮気風俗といった行動を起こす事もなく隠れてオナニーをするのがやっと。  友子に求めては断られ、その度に険悪な空気になるのを見越しての防衛手段。かといって別れたいとも思わない、そんな日々の中での出来事。  30度続きを読む

匂いフェチの痴女人妻とのエッチ体験

3年~4年前の夏のこと。おれが20代半ばの頃、あるマンションのTVのアンテナの工事をやった。
高級なマンションであったにもかかわらず、少し古かったため、CS放送の受信には対応してなかった。
屋上のアンテナと共用部の機器は交換が終わってあとは部屋の中のテレビの端子の交換を残すのみ。
これが結構大変で、テレビの後ろはホコリが溜まってたりしてむせ返る事も。
私は職人さんではないので物の手配と工事の立会いをしていた。
そして最終日。
一日に回れる世帯は限られているので多くは回れないんだけど、職人さんが交通事故で来れなくなってしまった。
結構焦ったけど、スケジュール表を見ると今日は午前中3件だけで完了だった。
材料はあったので急遽私が工事をすることに。
工事の様子はいつも見ていたのでなんとかなるだろうと。
一軒目はなんなく終わって問題の二軒目。
そこの奥さんが妙に色っぽい。笑うと井川遥にそっくりだった。しかも体つきもミョーにエロい。
Tシャツにジーパンといった普通の格好なんだけど、Tシャツから突き出た胸がヤバイ。
軽く血液が下半身に集まって頭はクラクラ。あははは。

「失礼しまーす」
「ごめんなさいねー。散らかってて」
「いえいえとんでもないです。」

部屋はキレイで全然散らかっていなかった。そしてなんかいい匂いがするんだよねー。

「じゃぁ工事に入らせていただきます」
「場所はココとあとあっちの寝室です。お願いします。あら、あなた説明会の時に居た人?」
「あっ、普段は工事はしないのですが、急遽代打で」
「あら大変ねー。ゆっくりしていってね」

覚えていてくれたことに軽く感動。私は残念ながら理事会での説明は緊張していてあまり覚えていない。
テレビをずらして端子の部分の交換をしていると、奥さんが四つん這いの状態で覗き込んできた。

「こういうふうになってるんだー」

覗き込む顔が近すぎて肩にあたりそうになる。
工具を持ち替えるために少し動いたときにTシャツの胸元の隙間から、
ブラジャーに包まれた谷間がはっきりと見えてしまった。
しかも結構近いっす。やばいっす。ピンクっす。
やべー仕事になんねー。続きを読む

書記 郁代

4月10日、15時20分。私は樹齢120年の大きな桜が校庭に満開に咲いているのを2階の会議室から眺めている。順番とはいえ、この時期にこのような役回りが回ってくるとは・・・4年間の海外赴任を終え、本社で面白いプロジェクトにリーダーとして参加が決まった矢先のことだ。
遡ること2週間前、いつものよう残業をこなし家に帰ると、いつもは寝ている妻が起きてテレビを見ている。「あなた、今年はPTA会長だから、よろしく」。相変わらずこっちの都合などお構いなしに決めてくる妻に、一瞬殺意を覚えながらも、何か言い返せば、床に入る時間が2時間延びるだけ。その間は4年間触れ合えなかった妻の感触を楽しみながら・・・と続きを読む

露出癖のある妻

私の妻(加奈:27歳)は露出癖がある事が分かった。
結婚2年を迎えた私達に子供はまだいない。
大企業の受付窓口で働く妻は、常に人の目に曝され緊張の毎日だそうだ。
そんな妻が露出癖がある事が分かったのは、1年前だった。
付き合っていた当時から、Mっ気がある事は薄々気づいていたが、露出癖が ある事は分からなかった。
ある日の夜、妻を抱こうと考えていた私に妻は思わぬ事を言いだしたのだ。
妻:今日、外でしてみない! 私:外って・・・ 妻:どこでもいいの?車とか?公園? 私:見られたらどうするんだ? 妻:ちょっと離れた所に行こう?予想外の展開に戸惑いながら、車を走らせ人気の無い公園で車を止めた。続きを読む

取引先の後輩の妻と

私は地方都市に住む40代の独身中年男です。
1年ほど前から、取引先の若手社員Kの妻と不倫関係が続いています。
Kは私の会社が使っている制作会社の若手社員でしたが、仕事以外に地元クラ
ブでDJをしたりと交友関係も広い男で、20代からクラブに通っていた私は
彼がレジデントをつとめるパーティによく出かけるようになりました。Kは私
と違って身長も高くイケメンで、女の子にもよくモテました。仕方がないこと
ではありますがチヤホヤされるKを横目で見ながら本当にうらやましかったも
続きを読む

イギリス仕込みの17歳です。

17歳の高2英弥です。
10歳から16歳まで親父の仕事の関係でイギリスのリバプールに6年間居ました。
サッカーが大好きでプレミアの試合は毎週見に行ってました。
友達と友達のおばさん達と行ってました。
学校やサッカーの試合は、友達のおばさん達4人で交代で送り向かいをしてくれていました。
最初は1人のおばさんが送り向かいをしてくれていたんですが、あることをきっかけに4人のおばさん達が交代で送り向かいをしてくれることになりました。
それは、1人のおばさんと初めてHをしてしまったことです。
そのおばさんとは、知り合ってから2.3日で喰われちゃいました。
それからほとんど毎日のように送ってもらう時に、おばさん達と車の中や家の近くの公園のトイレでするのが日課みたいになりました。続きを読む
エッチな体験談おすすめサイト
エッチ体験談が4万件以上!! レイプ体験談 痴漢体験談 不倫体験談・人妻体験談 近親相姦体験談 エッチ体験談 エッチな体験談 フェチ、マニア、性癖