エッチな体験談 人妻、不倫

人妻、不倫、夫婦ネタのエッチな話、体験告白集です

スレンダー

黒百合(1)

今から10年以上の前、当時25歳であった。大学を卒業して、一生懸命仕事をして毎日が充実していた。
当時、私には付き合っていた女性(仮に真紀と呼ぶ)はいたが、真紀の方は私に熱心だったが、私はそれほど熱心ではなかった。
真紀はスレンダー美人系で気だても良かったが、あまりにもレベルが高いため、かえって私が少し引いてしまっていた。
真紀にとってみれば、私はド真ん中のストライクだったらしいが、
私としては心の奥底で波長が合わなかった。
真紀の器量が良すぎるため、会えば楽しいが、反面、長続きしないんじゃないかと思い、
不安な気持ちになることが多かった。
続きを読む

彼女の友達

 僕の彼女・里香の友達に生倉裕子(いくらゆうこ)(27歳)ちゃんがいる。今は保育園の先生をしている。
 身長は150cmくらいだが胸は大きく、おもデカくて巨だ。
 顔は眉がくっきり、きりっとしてて卓球の愛ちゃんみたいな顔をしている。
 彼女の里香の部屋で3人で飲んで、僕の車を置いたまま寝ることに・・・。裕子ちゃんは里香の車にのせてもらっている。
 里香と僕はベット(ローファーベット)に、(生倉)裕子ちゃんは来客用の布団で寝ることに・・・。

 結構3人とも飲んでいて、里香は途中で体調が悪くなって寝てしまった。じゃあ、お開きということで眠りについた。続きを読む

キス魔人妻

38歳の人妻美穂とは3カ月ほど前に知り合った。
旦那が単身赴任で月に1回程度しか帰宅しないのを
いいことに結構遊んでいるようだった。
そんな美穂に時々誘われ飲みに行くことがあったが
稀に宅飲みしよう!と、自宅に誘われることもあった。
美穂は酔いが回ってくるといつもキスをせがんでくる。
悪い気はしないので俺はそれに付き合うが、それ以上
続きを読む

隣の奥さんは高岡早紀系の27歳

通路の足音や他の部屋のドアの開く音がする度に、そっと自分の部屋のドアの覗き穴に向かうって事あるでしょ? 特に引越した直後。
 で、学生時代に引越しをした時の話。
 自分の部屋は2DK、隣の通路奥の角部屋はファミリータイプの3LDK(後に判明)。
 隣やお向かいに引越しの挨拶に行ってないので、やたらとドア穴を覗いてた。
 と言っても、見えるのは向かいの部屋と隣奥の角部屋の人が通る時だけ。
 向かいは30代位の男性で、たまに彼女らしき女の人。
 角部屋は20代半ば以上の男女が一人ずつ。
  ある日オーディオの音をそこそこ上げて、角部屋のピンポンを鳴らした。続きを読む

隣の奥さんは高岡早紀系の27歳

通路の足音や他の部屋のドアの開く音がする度に、そっと自分の部屋のドアの覗き穴に向かうって事あるでしょ? 特に引越した直後。
 で、学生時代に引越しをした時の話。
 自分の部屋は2DK、隣の通路奥の角部屋はファミリータイプの3LDK(後に判明)。
 隣やお向かいに引越しの挨拶に行ってないので、やたらとドア穴を覗いてた。
 と言っても、見えるのは向かいの部屋と隣奥の角部屋の人が通る時だけ。
 向かいは30代位の男性で、たまに彼女らしき女の人。
 角部屋は20代半ば以上の男女が一人ずつ。
  ある日オーディオの音をそこそこ上げて、角部屋のピンポンを鳴らした。続きを読む

幼稚園の卒園旅行での不倫エッチ体験談

息子の通ってた幼稚園のPTAで気心の知れたグループで 卒園旅行ということで4組の夫婦と子供6人の小旅行に行ってきました。
メンバーは私夫婦+子1人 B夫婦+子2人 C夫婦+子供2人 D夫婦+子供1人です。
我が家から車で3時間程のC奥さんの実家近くの館でした。
夕食も終わり、子供達はGBAで遊び大人達は適当に飲み直しながら私達の部屋で喋ってまいした。
折角、人数が揃ったので麻雀をしませんかと提案するとBとCの旦那さんとD奥様がするといい 卓を囲むことになりました。
冷蔵庫のビールやこっそり持参した日本酒を飲みながらですので 話がややエロトークになります。
特にC旦那さんがこの手の話が大好きで 放送禁止用語の大連発です。続きを読む

33歳の美人人妻

いつも楽しく読ませていただいてますが投稿するのは初めてです。
自慢したくてどうしようもないのですが周囲の人には言えないので、ここで投稿することにしました。
以前はよくテレクラを利用していて素人女性と出会っていました。
テレクラは相手に会う前に直接声を聞くことができるので相手の性格や雰囲気などが掴みやすいので自分としては気に入っていました。
しかし、近頃は私が住んでいる地域では援助目的の女性が増えてきたのに嫌気がして、利用者が圧倒的に多い出会い系サイトを利用するようになりました。
はじめの頃はサクラ満開の詐欺のようなサイトの餌食になってお金ばかり使わされて、まったく出会えない状態でした。
「○○駅の前で待ってます」とか「○○市役所の前で待ってます」などと言われて、ノコノコ出かけていたのですから、思い出すと赤面ものです。続きを読む

艶やかな人妻への中出し

僕は、裕子という既婚女性とサイトで知り合い、メールの交換を続けました。
すごく官能的な文面を含め、お互いの気持ちを率直に表しているうち、いつしか実際に会って、裕子の生身の肉体を味わってみたい・・・そんな欲望が心の深い部分で渦巻くのでした。
裕子からのメールを読むにつけ、その知的な美しさは容易に想像することができました。
僕が思うに、知的な女性は必ずと言って良いほど身体の奥底に淫猥な泉をたたえていて、人知れず肉体の疼きを常に抑えているはずです。
出張で彼女が住む札幌を訪れた際、誘ったところ、思った通り実際に会う約束ができました。
さて、初めて会った時、僕は驚きました。
裕子は本当に内面から滲み出る知性と、凛とした美しさをたたえた上品な奥様で、これから爽やかに熟した身体を味わうことができるかと思うと、僕は身体の奥から熱くなりました。続きを読む

チャットで知り合った人妻と

もう数年前の話なんですが、当時ハマってた2ショットチャットで知り合った人妻M穂・26歳との体験を話します。
M穂は当時結婚3年目の人妻で、性欲は人一倍有るのに最近旦那が構ってくれなく、俺も女房が極めて淡白なモノでお互いの不満をチャットで愚痴ってました。
立場が似ている所為も有ってか直ぐに意気投合し、その後暫くはメールで話をしていました。
そんな関係が数週間続いた後、どちらともなく逢ってみようかという事になり、互いの都合を調整し約束の日に。
その頃にはお互いの性癖なんかもざっくばらんに話せる位の仲になっていたのですが、いざ本人に遭うとなると流石に緊張しました。
約束の場所に車で乗り付け待っていると「コンコン」と窓ガラスを叩く音が。続きを読む

同じマンションの人妻とのエッチな体験談

通路の足音や他の部屋のドアの開く音がする度に、そっと自分の部屋のドアの覗き穴に向かうって事あるでしょ?特に引越した直後。
で、学生時代に引越しをした時の話。
自分の部屋は2DK、隣の通路奥の角部屋はファミリータイプの3LDK(後に判明)。
隣やお向かいに引越しの挨拶に行ってないので、やたらとドア穴を覗いてた。
と言っても、見えるのは向かいの部屋と隣奥の角部屋の人が通る時だけ。
向かいは30代位の男性で、たまに彼女らしき女の人。
角部屋は20代半ば以上の男女が一人ずつ。
ある日オーディオの音をそこそこ上げて、角部屋のピンポンを鳴らした。
もちろん昼間。
男がいない時間帯。
「すみません隣の者ですが・・・」と言いかけたところで『お待ちください』と。続きを読む
エッチな体験談おすすめサイト
エッチ体験談が4万件以上!! レイプ体験談 痴漢体験談 不倫体験談・人妻体験談 近親相姦体験談 エッチ体験談 エッチな体験談 フェチ、マニア、性癖