エッチな体験談 人妻、不倫

人妻、不倫、夫婦ネタのエッチな話、体験告白集です

おしゃぶり

妻を知らない男に寝取らせる計画

僕はホテルの部屋にあるソファに静かに座りながら妻との会話を思いだしていた。
「誰か僕以外の男性に抱かれたいと思ったことないかい」 「ないと言ったら嘘になるわ、でもそのチャンスがないわ」 「もし、僕がそのチャンスを与えてあげたらそうするかい」 「ええ、あなたさえいいのだったら、かまわないわ」 僕はその話だけで興奮し股間に伝わってくるのがわかった。
頭の中で、妻と二人でその週の頭に決めた計画を復習してた。
結婚して10年になる妻の志織 彼女が、まず、ホテルの階下のバーに行く。
そこは、週末の夜、欲求不満の女性が集まる場所として有名だ。
つまり、お互い見ず知らずの男女との一夜の情事、それをするのが目的なのだ。続きを読む

妻を欲求不満バーへ行かせて他の男とSEXさせ興奮した



妻を欲求不満バーへ行かせて他の男とSEXさせ興奮したエッチ体験談
僕はホテルの部屋にあるソファに静かに座りながら妻との会話を思いだしていた。
「誰か僕以外の男性に抱かれたいと思ったことないかい」「ないと言ったら嘘になるわ、でもそのチャンスがないわ」「もし、僕がそのチャンスを与えてあげたらそうするかい」「ええ、あなたさえいいのだったら、かまわないわ」僕はその話だけで興奮し股間に伝わってくるのがわかった。
頭の中で、妻と二人でその週の頭に決めた計画を復習してた。
結婚して10年になる妻の志織彼女が、まず、ホテルの階下のバーに行く。
そこは、週末の夜、欲求不満の女性が集まる場所として有名だ。続きを読む

妻の過去が気になってはいたが…問いつめたら淫乱ネタが出てきて夫婦のマンネリ解消!



私が3つ下の妻Y子と出会ったのは、20年程前、妻22歳の頃だった。
仕事や人生の気晴らしにに出た津軽半島の宿で、多くの友と知り合い、その中の一人同士で、写真を撮り送ってやったのが縁だった。
美人ではなかったが、おとなしく、やさしく、自分には無い感覚を持っていた。
当初、子供っぽい顔から処女のような感じがしたが、実は既に3人は知っていた。
結婚前にその内容の告白は受けたが、詳細は尋ねても「あなたと出会う前でしょ、私にも人生があったの」と言い、しつこく聞くと「昔のことはよく覚えてないわ」と嫌がった。
「でも、あなたが初めての人であればよかったわ」と殊勝なことを言ってたと思ったが、本当は、その男達に刻み付けられた官能の記憶と自分のそれとを比較していたのではなかったのか。続きを読む

2/4)悪友のデカチンポに妻が淫乱に豹変したエッチ体験談



1/4)悪友のデカチンポに妻が淫乱に豹変したエッチ体験談
続き。
これでブラとマッチした紐パンティだけの姿になってしまった。
いくらビールで酔っぱらったにしてもあんまりだ、、妻は、サンボンの寝ていても大きなチンポに、酔っぱらってしまったのか??パンティはすでに小さな半透明の布切れのような状態になっていた。
かろうじてきれいに手入れされた恥毛を覆っている。
スパゲッティのような紐で腰に引っかかるようになっていた。
後ろの方の紐は、おの割れ目に食い込んで見えなくなっている。
は丸見えだ。
体をかがめて乳房を押し出すような動きをすると、おの二つの肉が左右に分かれて見えた。
紐が中央線となって、はっきりと肛門が見えてしまっていた。続きを読む

負け犬 2



別居したものの、私も心のどこかでは妻ともう一度やり直したいと言う、しけた気持ちもあるのは確かです。
しかし、野郎のことを考えると無理です。
俺の金玉をけって、俺のことを半殺しにした野郎のチンポを妻がくわえたりまんこにぶち込まれたかと思うと悔しくて情けなくて仕方がありません。
しかし、覗いて興奮したことや野郎のチンポを受け入れてあえいでいる妻の表情などを思い出しながらオナニーにふけったりしています。
これがまた情けなくて情けなくて仕方がない。
私が家を出てから妻には生活費は渡していません。
水道光熱費などは口座引き落としなのでまぁ、私が払っていますが・・・で、家賃については持ち家で私たちが結婚した時に私の親が所有していたマンションの異質なので費用はかかっていません。続きを読む

妻とのカーセックスを覗かれ、やがて快感に



栃木県/名無しさん(20代)からの投稿?-今から7年程前の話になります。
妻と結婚したばかりでお金も無く、ボロアパートに住んでいました。
築30年のアパートは、壁も薄く隣の部屋の音が聞える様な所でした。
お隣には、1人で住んでいる50代男性。
まだ新婚の私達は夜の営みも気を使う毎日。
ラブホテルに行きたい所ですが金銭的に余裕が無く、泣く泣くカーSEXや青姦をしていました。
決して好きで始めた訳では無かったんですが、いつの間にか2人共楽しむ様になっていたんです。
外は意外に気持ちも良く、大きな声を出しても問題ありません。
普段隣に気を使う生活にストレスを感じていたんだと思います。続きを読む

妻とのSEXを覗かれ、やがて快感に



今から7年程前の話になります。
妻と結婚したばかりでお金も無く、ボロアパートに住んでいました。
築30年のアパートは、壁も薄く隣の部屋の音が聞える様な所でした。
お隣には、1人で住んでいる50代男性。
まだ新婚の私達は夜の営みも気を使う毎日。
ラブホテルに行きたい所ですが、金銭的に余裕が無く、泣く泣くカーSEXや青姦をしていました。
決して好きで始めた訳では無かったんですが、いつの間にか2人共楽しむ様になっていたんです。
外は、以外に気持ちも良く大きな声を出しても問題ありません。
普段隣に気を使う生活にストレスを感じていたんだと思います。
ある日の夜、私達は家から10分程走った山間部で大きな駐車場を見つけました。続きを読む

知らない男がたった数時間前まで楽しんでいた妻の体。 その体の感触を僕は楽しんだ



僕はその話だけで興奮し股間に伝わってくるのがわかった。
頭の中で、妻と二人でその週の頭に決めた計画を復習してた。
結婚して10年になる妻の志織。
彼女が、まず、ホテルの階下のバーに行く。
そこは、週末の夜、欲求不満の女性が集まる場所として有名だ。
つまり、お互い見ず知らずの男女との一夜の情事、それをするのが目的なのだ。
最初の電話、つまりさっき僕が受けた電話は、妻がバーについた合図の電話だ。
僕が今いるホテルの部屋から階下に降りて、彼女が電話してきたバーへ行っても大丈夫だという合図。
僕は、バーに行き、テーブルを確保し、できごとの進展を見守ることになっている。続きを読む

妻の過去物語



私が3つ下の妻Y子と出会ったのは、20年程前、妻22歳の頃だった。
仕事や人生の気晴らしにに出た津軽半島の宿で、多くの友と知り合い、その中の一人同士で、写真を撮り送ってやったのが縁だった。
美人ではなかったが、おとなしく、やさしく、自分には無い感覚を持っていた。
当初、子供っぽい顔から処女のような感じがしたが、実は既に3人は知っていた。
結婚前にその内容の告白は受けたが、詳細は尋ねても「あなたと出会う前でしょ、私にも人生があったの」と言い、しつこく聞くと「昔のことはよく覚えてないわ」と嫌がった。
「でも、あなたが初めての人であればよかったわ」と殊勝なことを言ってたと思ったが、本当は、その男達に刻み付けられた官能の記憶と自分のそれとを比較していたのではなかったのか。続きを読む

公認不倫



僕はホテルの部屋にあるソファに静かに座りながら妻との会話を思いだしていた。
「誰か僕以外の男性に抱かれたいと思ったことないかい」「ないと言ったら嘘になるわ、でもそのチャンスがないわ」「もし、僕がそのチャンスを与えてあげたらそうするかい」「ええ、あなたさえいいのだったら、かまわないわ」僕はその話だけで興奮し股間に伝わってくるのがわかった。
頭の中で、妻と二人でその週の頭に決めた計画を復習してた。
結婚して10年になる妻の志織彼女が、まず、ホテルの階下のバーに行く。
そこは、週末の夜、欲求不満の女性が集まる場所として有名だ。
つまり、お互い見ず知らずの男女との一夜の情事、それをするのが目的なのだ。続きを読む
エッチな体験談おすすめサイト
エッチ体験談が4万件以上!! レイプ体験談 痴漢体験談 不倫体験談・人妻体験談 近親相姦体験談 エッチ体験談 エッチな体験談 フェチ、マニア、性癖