23年前、私(40歳、課長)の職場に雅美がパートでやってきた。
32歳。10月からの半年の雇用対策で、私の下で事務的な仕事をすることになった。
長髪の美人でしかもプロポーション抜群だった。身長163㎝、バストはおよそ90㎝。
高校ではバレーのエースアタッカー。
正男という小学5年生の男の子がいた。
旦那の浮気による離婚で、実家の近くのアパートに越してきていた。パート募集の張り紙を見て応募してきた。美人だし、面接をした私は即決で採用を決めた。
 彼女が勤め始めた。結婚前に事務をしていたから、覚えは早かった。いろいろ仕事を教えてあげた。
が、1週間目に彼女は大きなミスをした。
たまたま印刷室を通りかかったとき、ぼうぜんとしている彼女がいた。
聞くと、部長から預かった重要会議資料をコピー機でなくシュレッダーにかけてしまったという。
運良く私の提案した資料だったので、こっそり彼女に新しいのを渡して事なきを得た。
ほっとした彼女は私に感謝した。
 翌日は休日だった。職場にちょっと寄ったあと、近くのアパートの前を通ると、道路脇のちょっとした空き地で彼女が正男とバドミントンをしていた。
「やあ、君の家ここだったの」
「ええ」
「どれ、貸してごらん」
私は子どもが大好きだから、一緒にしばらくバトミントンで遊んであげた。
それがきっかけで、休日に一緒に遊んであげたり、時々、彼女の部屋で正男に勉強教えたりもするようになった。

 彼女の部屋は1階の3DKで、奥の六畳間が茶の間で、むき出しの炬燵がテーブルで、勉強机だった。
四、五畳部屋の二段ベッドの下が母親、上が正男のだった。子二人の部屋だから、これでも大きすぎるくらいと言っていた。
 彼女の休みの日に、たまたま寄ったら、正男がいない時だった。
お茶して、旦那の浮気で、離婚になったという。こんなにスタイルのよい奥さんがいるのに旦那はひどいね、というと、そうね、と笑った。
 それでも、最初はどうこうする気持ちではなかった。寂しいなら、旦那のかわりになってもいいよ、なんて冗談をいうことはあったが、困っている女性に優しい、いつもの自分がいただけだった。
 正男の冬休みの初日だった。会社は土曜日で休みだったので、正男と雅美を連れてスキーに連れてあげた。
子供のリフト代だけ出して、雅美はスキーをせずに、ゲレンデを二人で滑る様子を、カフェで眺めていた。
お昼をそのカフェで食べた。
「僕、自分で滑ってくる」
「ああ、行っといで、気をつけてな」
二人でコーヒーを飲んだ。
「わたし、さっぱりしてるから」
一瞬、なんのことかわからなかった。
「旦那のかわりになってくれる?」
ようやく意味がわかった。
「いいの?」
「うん、絶対に迷惑かけないから、引くときは引くから」
そこまでいう雅美の本気を感じた。決断のときだった。
「おいで」
雅美の手をとって、車のほうへ向かった。
運良く車のガラスは寒さで曇って中がみえない状態だった。
車のなかでキスをした。しがみついてきた。キスをしたまま、ジーパンのジッパーをはずしてじょりじょりしたあそこへ指を差し込んだ。もうぬるぬるだった。
 
スキーズボンの中のジュニアはがちがちになってテントをはって痛いくらいになった。
ぱんぱんに張っているスキーウエアのジッパーをはずして堅いジュニアをとりだして、握らせた。
キスしたまま、指マンでぐにゅぐにゅしながら、手コキをさせてささやいた。
スキーウエアのまま、車のなかでは無理だった。

「ほしいか」上気した顔でうなづいた。
「じゃあ、家に戻ってからな」
「はい」
 身支度を整えて、ゲレンデの見えるカフェに向かった。ちょうど、正男が滑って降りてきた。

「おかあさん、うまく滑れるようになったよ」
「そう、よかったわね」
「今日はこれで家に帰るからね」
「えっ、まだ早いのに」
「ちょっと課長に用事できたから」
「そうかあ、はい」ちょっと残念そうだったが素直な正男だった。
帰りの車の中、私のジュニアは固くなったままだった。運転しにくかった。
「ねえ、おじさん、今度また連れてって」
「OK、正男がちゃんと勉強していたらね」
「はーい」
雅美は、上気した顔で二人の会話を微笑みながら聞いていた。
アパートに着いた。
「課長あがってください。」
ね、正男、勉強道具もって、先におじいさんの家へ行ってて」
「おかあさんは?」
「ちょっと片付けしてから、夕飯にいくから」
何も知らずに、正男は、勉強道具持って駆けだしていった。
「カチャ」
雅美は正男を送り出してドアの鍵をかけた。こっちを向いた雅美、媚びを帯びた上目遣い、妖艶な唇がそそった。
俺は、雅美の手をとり、寝室に入った。
「あっ、ちょっとまって」
雅美はラジオの音を大きくした。
「安アパートだから、音がつつぬけなの」
「そうか」
私はストーブに火をつけた。炎が私の顔を赤く照らした。
スキーウエアはなかなか脱げない。
いつの間にか下着姿になった雅美が、後ろから脱ぐのを手伝ってくれた。全裸になった俺の背中にしがみついてきた。
「だいすき」
ぷにぷにとしたやわらかな豊乳だった。両手で円を描くようにもみもみした。
乳首が盛り上がって堅くなってきた。ちろちろなめると快感で身をよじらせた。
デルタは濃い逆三角形、割れ目の両側の土手にもたっぷりと生えた毛、クンニのときには、顔中にもじゃもじゃと陰毛があたった。
透明な液がびらびらの下の穴からあふれて両側の土手までジュワーッと濡らし始めた。
肉壺を広げるとひくひくとピンクの襞が奥へ奥へとうごめいていた。
もういいだろう、2時間前からびんびんに固くなりっぱなしだったジュニアを、ぬるぬるしたそこへ一気にずにゅーっと差し込んだ。

「ああっ」、豊かなバストがぼよよんとゆれた。
ぬらめいた襞が、侵入したジュニアに一気にからみついた。肉襞に絞り込まれるような感覚は初めてだった。
「おお」
 ねっとりとからみついた肉襞をふりほどくように、肉棒をピストンさせた。
たわわな豊乳がゆっさゆっさとゆれ、雅美はあえいだ。が、数十回ほどピストン運動を続けると、すぐに暴発的快感が襲ってきた。
肉壺のからみつくような強い締め付けに耐えきれなくなった。抜く間もなかった。
「うおっ」
雅美の体内へどくどくと大量の精液を発射した。放出しおえたジュニアを差し込んだまま、ぐったりとのしかかった。
「ごめん、こんなはずでは」
「ううん」
「とってもよかったよ」
「うれしい」
 雅美は背中にまわした手にぎゅっと力をこめて、しがみついてきた。ふたりはまたからみあった。
部屋は汗ばむほどに暖まっていた。
全身をなめまくった。すぽっと萎えたジュニアが押し出された。シックスナインの格好になって、肉壺を広げた。
白い精液がどろりと押し出されてきた。ティッシュで拭き取ってからチュパチュパとなめたり、吸ったりした。
 
雅美は私の萎え始めたジュニアを口に含んだ。
ねっとりとした舌がまとわりついて、ディープスロートを続けると、驚くべき早さで回復した。
「今度はどんな体位がいい?」
「課長さんの好きな方法で」
「じゃあ、上に乗って」
「はい」
雅美が乗ってきた。私は雅美の腰を押さえて突き上げた。

「ああっ」
肉襞のからみも精液とバルトリンセン液とが潤滑油となってじゅぼじゅぼだった。
下からずんずんと突き上げた。豊満な乳房がゆっさゆっさと揺れ続け、雅美は、ああっ、ああっとあえぎまくった。
30分も突き上げていると、
「いって、いって、お願い、ああっ」とのけぞった。
同時に私は雅美の子宮へ突き上げたまま噴出した。

「ああっ」がくっとなって覆い被さってきた。
そのまま、抱きしめながら、
「どのくらいやってなかった?」
「うふ、1年ぶり」
「そうか、どうだった」
「とってもよかった」
「秘密は守れるか」
「はい、課長の家庭はこわさないから、引くときは引くから」
「そうか」

私はまた雅美を抱きしめた。今度はよつんばいにさせて腰を突き出させた。
速攻で3発目を終えた。こうして雅美との肉欲の日々が始まった。
 正男が冬休みの間は、実家に追いやっては、彼女の部屋でやりまくった。
が、職場に近すぎて誰かにみられるとまずいので、半月後からは、職場から離れた場所のラブホへ連れ込んだ。
 雅美もアパートでは声を我慢していたが、ラブホでは超淫乱女になった。
ピルを飲ませて、毎回3~4発中だしした。雅美のあそこからどろりとあふれる精液を手ですくっては、中に注ぎ込んだりして遊んだ。
スケベ丸出しで48手は全部やってみた。
雅美は騎乗位がもっとも好きだった。腰をグラインドさせて、豊乳がぷるんぷるんゆれて、ああっと絶叫をあげてがくっとなる雅美がエロかった。
ビデオも最初は、嫌がったが、ハメ撮りも何本もできた。
「噂になったら別れるからな」
そう言い聞かせていた。雅美も賢い女だから、職場ではべたつきたい気持ちを抑えて、むしろ距離を置くようなそっけない態度をとって、噂にならないようにしていた。
 3ヶ月間で100発以上やった。
美人でとても淫乱だったし、賢い女だったからずっと続くとよいと思っていた。
最初は遊びだったが、ずっぽりと雅美の肉体におぼれている自分がいた。
ピルが切れたときでも、あなたの全部を受け止めたいからと、けなげなことをいう雅美に、これ幸いと中だしを続けた。
 3月になった。半年の雇用だったから雇用終了期限が確実に来た。
私の職場でなんとか延長したかっが、だめだった。
そこで、知り合いに頼んで、パートで雇ってもらうことにした。
アパートも、新しい職場の近くを探してあげて手続きもすませてあげた。
 
3月下旬に、正男が春休みになった。久しぶりにスキーに連れていった。
相変わらず、正男は素直に喜んだ。
「自分で滑っておいで」
「はーい」
二人でコーヒーを飲んだ。
「できたみたい」雅美がぽつりと言った。耳を疑った。
「うん?」まさかと思った。
「赤ちゃん」
「赤ちゃん?誰の?」
思わずそう聞いた自分がいた。
「あなたの子よ」
ちょっと怒ったような声で雅美が答えた。

托卵物語1  2