男「ありがと。もう入れていい?」
「・・・いいよ・・。」
男「なんかおとなしくなったね?」
「だって恥ずかしいもん。」って言って軽く笑った。
 多分、耳まで真っ赤になってるんだろうな。親父とやる時も赤くなるんだろうか?
 黒木瞳似のの恥らう姿。俺も・・・・(クソッ、俺ってマザコンかも)
「ンッ!」
「ハァーー・・・。」の声だ・・。チ○ポはめられた・・・・。
「はーー、はあ、はあ。はあ。」
「はあっ、ハアッ・・・」
 母親の吐息みたいなのが続く。
 ベッドの音もギシギシ聞こえる。sexの最中は二人とも無言のようだ。
「ハァッ、ハァッ。」
 わずかな喘ぎ声・・・。喘ぎ声とは言わないのかもしれない。ただの息使いしか聞こえない。
 俺は自然に右手でチ○ポを握ってた。自然に手淫に移行する。
 ベッドのきしむ音が激しくなってきた。
男「逝きそうだ・・・ゴメン!良い?」
「ンハッ・・・いいよ・・・」
「おい、もう終了かよ。挿入して5分も経ってないぞ!体位も変えてねぇだろ?体位を変える様なインターバルもなかったし」
 相変わらず一人突っ込みの俺。
 更にベッドのきしむ音が大きくなってきた。
 だが、喘ぎ声とか、あんまり聞こえない。
「ハーッ、ハーッ。」って、荒い息使いが聞こえるだけだ。
 は普段から喘ぎ声を出さないのか。必死に堪えているだけなのか?
 そう言えば、夫婦の寝室から喘ぎ声が聞こえたって経験ないなぁ。改めての一面を認識した。
男「ウッ!・・・」
「ハッ、ハァ・・ハァ・・ハァ・・ハァ・・。」
 徐々に、静まりかえっていく。どうやら男は発射したような感じ。俺も数秒後に、壁に向かって放出。でも、よく出たな・・・大量、大量。(でも、虚しい…)
 10分程のインターバルを置き、俺は再び壁に耳をあてる。
(チ○ポをティッシュで拭ったり、壁にへばり付いたのを、拭き取ったりとしてたんだヨ)
・・・・なんか良く聞こえないけど、小声で話をしてる。
 内容までは聞こえないけど、楽しそうだ。かすかな笑い声も聞こえる。
 そんなマッタリした感じが数分続き、次第に会話の間に「チュッ」っとか聞こえてきた。
キスしてるのかな・・・」
「チュッ」って言うのが、会話の合間に頻繁に入る。時が経つにつれ、間隔が短くなっていく。
「チュポッ」「チュチュッ・・」「チュパチュパ」「チュップッ」の淫音が続くようになって、会話とか笑い声とかが、全く聞こえなくなってきた。
 ずっとそんな感じだから俺も
「おかしいな。キスしっぱなしか。」って最初は思ったんだけど、・・・気付いたよ。
 お互いに舐め合ってるから会話がないんだな。シックスナインしてるのか・・・。
 時折「チュポ、チュポッ」っていう音は、おそらく母親がチ○ポを舐める音だろ。
「ぺチャ、ぺチャ」っていう音は、男がのマ○コを舐める音に違いない。
「良くやるよな!あんな不細工男の何処がいいんだよ?」
 っと、一発放出したお陰で、性欲<理性の俺は、を責めたてた。(勿論、独り言だが・・)
「結婚してるのに、母親なのに、可愛い?子供もいるのに、こんな事して、良いのかよ」
 段々とヤサグレる俺。やっぱ、自分の母親が他人に抱かれるのは、天変地異が起ころうが許せない。
男「じゃぁ、入れるよ。バックでいい?」
「・・・」
 は何か言ったのかもしれないけど返事は聞き取れなかった。
「んっ!」「んーっ・・・」母親の声が聞こえる。
 また、始めやがった。しかもバックから。
「あ・・」「はあっ」「はあはあ」
 相変わらず、喘ぎ声か息遣いか、わからない。
男「真希・・・僕と向かい合う様にして、跨って!・・・対面座位するから・・」
「え?ッ・・・ちょっと恥ずかしいよォ」
男「旦那とはあんまりしないの?」
「うん。あんまりしないよ」「んっ!」
 しばし静寂が流れ、段々とリズミカルな音が聞こえてくる。
「ハアハア」「アッ、アッ」っていう息づかいも聞こえる。
「チュッチュッ」「チュッ」キスもしてる。しかも絶え間なく。
男「真希・・・僕キスしながらすると、すぐ出ちゃうんだよね。」
「(アッ・・アッ)・・・・いいよ。」
「チュッ。チュッ。チュパッ!チュ・・・」
 段々振動も激しくなってきたのが壁越しに分かってきた。
 って、言うか真希って呼び捨てにすんな!
男「すごい気持ちいい。」
「ハァ・・ハァ・・ハァ・・ハァ・・」
男「逝くよッ・・・いい?」
「ハァ・・ハァ・・・うん」
 それから、バタバタとした激しい音がしてその後静かになった。
男「すごく気持ちよかった!真希さんは?」
「うん・・、気持ちよかったよ。」
男「どんな風に?」
「やだよ?、言わないよ。」って言って笑う声が聞こえた。
 それからしばらく、二人が軽口を言い合い楽しそうにしてるところを聞いてたんだけど、もう時間だからか二人は部屋から出て行った。
 俺もなんか虚しくなったけど、家に帰ることにした。
 その日の夕飯は家族四人で食べたんだけど、母親は平然と普段どおりにしてた。
 そりゃ浮気したからって家でおどおどしてたらおかしいけど、それにしてもこの何にもなかったように振舞う様子を見て俺は複雑だった。
 その日は俺はすぐに飯を食い終わってすぐに二階の俺の部屋に上がって行った。
 もうそれから考えることは母親の昼間の痴態。といっても実際に目で見たわけじゃないけど。
 男にキスされ、着ている服を脱がされるところを想像した。
 俺は普段から母親の足が好きで触りたいと思ってた。
 少し太めだけど、ムチムチしたところが俺としてはたまらなくて、しかも色は白くて肌はスベスベって感じだった。
「撫でたいな」って思うだけで触れることは出来なかった。
 その母親の太ももやふくらはぎを今日の男は撫で回したのか・・・。
 いつも一緒にいる俺が触れなくて、たかがチャットで出会った男、しかも初対面の男が思う存分触ったなんて・・。
 俺は悔しくてしょうがなかったけど興奮した。
「俺も母親の裸を見たい。母親の体中を撫で回したい。母親と裸で絡み合いたい。今日の浮気相手の男や親父がしたように俺も裸で抱き合いたい。肌を合わせたらどんなに気持ちがいいんだろう。」
 って思いながらちんちんをずっと擦ってた。
 母親も今日は知らない男性と肌を合わせて気持ち良かったのだろうし、快楽を貪ったと思う。
 でも俺もその日は今までで一番気持ちいいオナニーをした。痺れるほどの快感で脳もチンチンも溶けそうだった。
「あの男がしたように俺もさんと舌を絡め合いたい。そうしながらアソコをお互いにくっつけて擦りあいたい。」
 って思ってるうちにまた出てしまった。
 下の部屋ではまだ食事をしてるようだ。テレビの音も聞こえる。
 俺はその日はもう疲れて寝ました。
 次の日からもやっぱり母親のメールチェックとかしてたんだけど、もうその男とは会ってないんだよね。
 それどころかメールの回数もかなり少なくなってきて疎遠になってる。
 あの男はやはり母親の身体目当てだったのだろうか。ってそらそうだよな。俺だったらそうだもんな。
 母親はどうだったんだろ。また会いたいとか思ってるのかな。それとも母親としても性欲の解消みたいなものだったのかな。
 母親にも性欲があるっていうことを信じられないと思い、それを信じたくないって思いながらまたチンコを擦る日々です。

母親浮気1  2  3