の続き



私達夫婦のその後を書かせていただきたいと思います。



私の中では今でも前回のことは忘れることは出来ていません。妻もいい思い出としてかはわかりませんが、あのときのことは残っているでしょう。

妻との夜の生活は妻からあのときの事を聞きながらの行為が続き、いつのまにか私は妻の口から発せられる言葉攻め??みたいな感じで興奮させられていました。

しかし私の性癖はあのとき以上のモノを求めてしまうのも事実で、たびたび色んな妄想を一人抱いて過ごす毎日でした。

妻を信用していない訳ではないのですが、自分自身が以前よりも寛大な気持ちで妻を見守ることができるのか自信がなかったのも事実です。
妻自身あれ以来、私でさへ見違える程に以前に増して色っぽく、そして今まで地味だった服装も少し派手なモノを身に着けるようになりました。

妻と買い物へ出かけると以前はそんな事さへ無かったのに時々同年代の男性が妻をジロジロと舐めるように見ることも有るほどの妻の変わり様には私自身がビックリするほどでした。

そんな頃休みの日に私は家でのんびりとテレビを見ていると娘と一緒に買い物に出かけた妻と娘が戻って来て、部屋に入るなり娘が私に

「パパ!ママがねミニのワンピ買ったんだよ?それも超ミニ!」

私は

「はぁ???ミニのワンピってミニスカートってことか?」と尋ねると娘は

「そうだよ!それがさぁ?ママ試着したんだけど凄く似合ってるの。私もビックリするくらい」



娘がそう私に言っているときに妻を見ると二人で買ってきた何個かの袋をテーブルに置きながら少し照れたように私の顔を見て舌をペロっと出して苦笑いしていました。

「ママ?いったいどうしたんだ?」

妻にそう聞くと妻は

「えへへ 私もねミニ履けるのも人生で今しかないかなっておもっちゃって。そうだ!今着て見るからパパ見てくれる?もしパパが似合わないって言うんだったら辞めておくから」

妻はそう言って袋から黒のワンピースを取り出し私の見ている前でジーンズを脱いで上に着ているモノも脱ぎ、以前では決して身に着けなかったであろう黒いレースで包まれた下着姿になり、ワンピースに着替えだしました。

妻は着替え終えると私と娘の前でまるでモデルにでもなったかのようにポーズを決めて「どう?パパ」と小悪魔が微笑むかのように私に尋ねて来ました。

確かに未だも太くもなく身長もあることから違和感は全く無く、それより少し屈むだけでパンティが見えてしまうのではないかと思うくらいの本当に超ミニなワンピースでした。

「へへ?ん見直したでしょ?おまけにジャンジャジャァ?ン♪!!ロングブーツも買っちゃいました」とまるで娘と同年代と思えるほどはしゃぐ妻でした。

「パパ!折角ミニ買ったからさぁ?今晩お出かけしようよ!」と妻が私に言いだし、娘も賛成してくたのでその夜妻と二人で食事に出かけることにしました。

子供達の夕飯の支度を終えて、妻は黒のワンピースに着替えて私とタクシーに乗り込み繁華街にある時々行くイタリアンレストランへと向いました。

二人で久しぶりにゆっくりと美味しい食事を終えて少し歩いているとやはり妻をチラチラ見る男性も結構いたのも事実です。

妻が私に

「凄いものだねぇ?」

「ん??何が凄いの?」

「だってさぁ?ミニなだけでこれほどジロジロ見られるんだもん」

「確かにそうだな」

「パパもやっぱりミニの女の人いると見ちゃう?」

「男だからねこれでも(笑)」

「ふ?ん。そうなんだ」

「ママは恥ずかしくないのか?」

「結構恥ずかしいよぉ? だって下から舐めるように見て行く人いるもん」

確かに妻の言うとおり夜の繁華街ってこともあってか妻をジロジロいやらしい目で見る男性が多く、私もなぜかあそこがムズムズとしているのでした。

妻を見られることによって少し興奮を覚えていたのも事実であって、もっと見せてみたいと思う自分もそこには居ました。

「ママは見られて恥ずかしいだけ?」

「え? 恥ずかしい以外って?」

「例えばドキドキするとか」

「ドキドキかぁ?。 う?ん どうだろ?」

「俺はドキドキするかな(笑)」

「え???そうなんだ(笑)」

「悪いか?」

「ううん悪くないよ。私も少しドキドキしちゃうかな(笑)」

「そっか!じゃぁ見せちゃえ!」

「え??何それ?」

「今からさぁ?駅の階段に行こうよ」

「マジで言ってるの?」

「はい」

そう言って私は妻の手をひっぱり近くの駅へと向いました。

駅に向かう途中の階段で妻はバックをおの後ろに持ち、まるで女子高生のように階段を登りました。

「ダメだってそんなことしちゃ」

「え?なんで?」

「見せちゃうんだろ?バックをそのまま手に持って階段を登って一番上で少し立ち止まってみてよ」

「もぉ? 恥ずかしいって」

そんなときでしたふと後ろを見ると私達と同年代くらいの男性が階段を登ってくるのが見え、何気なくチラッと見ると男性は妻をしっかりと見ていました。

「ママ見られてるよ」と妻の耳元で小さな声で言うと妻は

「ホントに?」と言って顔が赤くなるのが解り、そのまま二人で階段を登り一番上で二人で立ち止まりました。

階段を登って来た男性は後ろ向きになっている妻の横を通り過ぎてから振り返り妻の顔を確認するかのように見て行きました。

妻はその男性と目があったのかすぐに下を向いてしまい。私の手をひっぱり「お願い。ここから移動して」と私に恥ずかしそうに焦っているようでした。

その妻を見て私の頭の中には、あの時以来にある計画がムクムクと浮かび上がって来ました。



その夜妻を求めた私は妻を愛撫し、いつものように妻の口から以前のことを聞かなくても私の愚息は固く元気になって妻にもそれを気付かれる程でした。

「パパもう大きくなってるよ。どうしたの?」

「ママを見られて興奮したのかも」

「私が見られるとパパは興奮するんだ」

「あぁ ジロジロいやらしい目で見られたりすると興奮したよ」

「そうなんだ・・・ひょっとしてパパ変な事考えてないでしょうね?」

「考えてるよ」

「えーーー!!何考えてるのよぉ?」

「秘密(笑)」

「変なことはしないからね」

「あのさぁ?」

「何?」

「俺ママが変になるところ見てみたいんだ」

「え?変にって?」

「ママが嫌じゃなかったら今度はママがエッチして変になってるところ見てみたいんだよ」

「パパは私が目の前で変になっても大丈夫なの?」

「多分大丈夫だと思う。確かに今でもママが○○君に抱かれたって思うと胸が締め付けられるほど辛くなるよ」

「・・・・ごめんね」

「いや俺が悪かったんだから・・・でもそれと同じ程興奮している自分もいる」

「私はパパと一緒の方がいいかな・・・パパに見られてみたいって思うかな・・・」

「一緒ならいいのか?」

「パパがいつも嫉妬して抱いてくれるの好きだもん。愛されてるって感じるよ」

「そっか・・・けどもし俺がまたママを信用出来なくなったり怒ったりしたときは・・・」

「大丈夫だよ。私はパパが一番なんだから」

その夜不思議とあれ以来胸の奥にあった何かが私の中で変わったような気がしました。

私は先に寝てしまった妻を残してパソコンの電源をオンにし、このサイトで一人の男性を見つけチャットでいろんな話題で盛り上がり、頃合を見て妻と電話で話してもらえないかと切り出しました。

相手の男性は勿論OKしてくれ次の日の夜にまたこのサイトで待ち合わせをすることを約束しました。

昼過ぎに起きた私は妻に昨夜の男性と盛り上がった内容を話して、妻にその男性と電話で話をしてくれないかと頼んだところ妻はいきなり電話するのは嫌なんで妻自身も一度チャットをさせて欲しいとのことでした。

その夜知り合った男性Kさんにそのことを伝えて妻とチャットを代わり、パソコンのある寝室件書斎の部屋を出てリビングで一人テレビを見る事にしました。

Kさんには妻のり次第で電話でエッチな会話に持ち込んで欲しいと頼み、妻にはエッチな気分になれば好きなようにすればいいよと伝えておきました。

1時間ほどして妻が私の所へやってきて

「パパ?結構楽しい人だね。どうしても私の声を聞きたいんだって。どうしようか?」と私にそう言って来ました。

「ママは話してもいいって思ったんだろ?」

「別にいいかなって思った」

「じゃぁ非通知でこちらから掛けてみれば?」

「いいの?パパまた疑ったりしない?」

「しないって(笑)」

「じゃぁ電話番号聞いてかけてみるね。けどもしパパが私が楽しそうに話しているのを聞いて気分害したら直ぐに切るから言ってね」

「うん。たぶんもうそんな事はないよ」

「うん。絶対だよ」

妻はそう言って寝室へと戻って行きました。

10分程して寝室の前で妻の声を聞き耳を立てて聞いてみると笑い声が聞こえて来るので、まだ楽しそうに話しているだけかと少し残念な気分でしたが、この妻がいったいいつKさんの誘いでエッチな気分になるのかが私の中で興味深々でした。

子供達がすでに寝静まっているのをそれぞれの部屋へ確認しに行くと二人共すっかり眠っているようでした。

寝室の前に戻って見ると先ほどまで妻の楽しそうに話す声は聞こえて来ませんでした。

私は静かに寝室のドアを開けて見ると妻がビックリしたような顔で私を見て手で向こうに行って欲しいような合図をしますが、私はダメだと声を出さずに妻に伝えました。

私はベットで寝ながら話す妻の会話を聞き少しずつエッチな会話に変わってきていることに満足して一度寝室を出て、しばらくしてからこっそり覗けるようにと寝室のドアを少し開けて部屋を出ました。

リビングに戻り飲み残した缶ビールを一気に飲み乾し私はゆっくりと寝室の前へと戻りドアの隙間から部屋の中の様子を伺いました。

「ううんしないよ・・・ホントに?・・・うん・・・今日は紺色・・・」

妻だけの会話ではどんな内容なのか解りにくいところはありましたが、大体想像出来るものでした。

「・・・わかんない・・・やだ・・主人がいつ来るかわかんないから・・・うん・・・うん・・」

「持ってないよ・・・したことないもん・・・やだ・・・言えないそんなこと・・・やだ・・・」

「・・・濡れてない・・・え??・・・そうなの?・・・うん・・・聞こえる・・・ハァ?・・」

妻から始めて少し悩ましい声が・・・

「凄い・・・パンパンって・・・そんなに・・・してるの?・・・」

「・・・やめて・・・言えない・・・恥ずかしいもん・・・ダメ・・・」

「濡れてない・・・やだ・・・ハァ??・・・凄いね・・・そんなに?」

「ハァ?・・・見たいかも・・・エッチじゃないよ・・・やだ・・・」

「うん・・・開いてる・・・ハァ?・・・ダメそんなこと・・・いわないで・・・ハァ?」

「お願い・・・アァ??ン・・・凄い・・・エッチな音・・・ダメ・・・」

私はドアをゆっくりともう少し開けましたが、妻は電話に夢中なのか気付きませんでした。

もう少しドアを開けて床に這うようにして部屋へと入り、私の目に飛び込んで来た妻の姿はベットに寝転んで目を瞑っている妻はを開き左手で携帯を持ち、右手は紺のパンティの上から自分の敏感な部分に指を這わせていました。

「ハァ? 触ってる・・・うん・・・うん・・・わかんない・・・」

「恥ずかしい・・・アァ?ン・・・濡れてるかも・・・うん・・・ハァ?」

「濡れてる・・・うん・・・触ってるよ・・・大きくなってる・・・アァ??ン・・ダメ??」

妻の押し殺すような声が私の耳へと入ってき、目には紺のパンティの中でモゾモゾ動く妻の右手がありました。

「アァ??ン・・・イヤァ??ン・・・うん・・・凄く濡れてる・・・聞こえるかな?・・・」

そう言って妻は携帯を自分の恥ずかしい部分に持って行き、クチュクチュと厭らしい音を発ててKさんに自分の音を聞かせていました。

「聞こえた?・・・恥ずかしい・・・アァ??ン・・・ダメ??そんなこと言わないで・・・」

「アァ??気持ちいぃ??・・・舐めて・・・うん・・・イヤン・・・・ヤダ・・・」

「言えない・・・そんなこと・・・あそこ・・・ヤダ・・・」

私は妻に私の存在を知らせました。

妻はビックリしていましたが、エッチモードになっているのか反対に私を挑発するようにな目をして続けました。

「指入れてる・・・奥まで・・・固くなってるの?・・・凄い・・・欲しいの・・・」

「アァ?ン・・・凄い・・・ビチャビチャいってる・・・ダメ・・・逝きそう・・・」

「ハァ?・・・凄いの・・・こんなに厭らしくなってる・・・アァ?ン・・逝っちゃうよ」

「お願い・・・一緒に来て・・・アァン・・逝きそう・・・」

妻はそう言ってをつっぱりながら1回目の絶頂を迎えました。

私はそのまま濡れて光っている部分にキスをしながら丁寧に舐めてやりました。

「アァ??ン気持ちいいの!・・お願いいっぱい出して!!・・・私にかけて!」

妻のあそこはヒクヒクと動いて今ににもまた逝きそうな気配でした。

「アァ??凄いぃ?? 厭らしい声・・・そんな声出して・・・逝くの?」

「アァ??ン ダメ???また来ちゃう・・・」

妻の携帯から始めて相手の吐き捨てるようなハーハーいう声が大きく聞こえて来ました。

「凄いいやらしいよぉ?・・・アン?? 私も逝っちゃう???アァ?????ン」

私の顔に妻から勢い欲噴出した淫液が飛び散って思わず顔を背けてしまいました。

直ぐに妻は電話を切り「パパ??早く入れてぇ??」と叫びながら私に催促し、私の固くなったモノをくわえ込んだ瞬間にブユーっと淫液を飛び散らせながら果てました。

そんな妻から私の固くなったものを抜き去り、妻を抱き起こしてヨロヨロする妻を冷え切って凍りつきそうな車の中へ乗り込ませて私も乗り込み、夜中の街へと車を出しました。



夜の街へと興奮冷め遣れぬ妻を車に乗せ、しばらく走ったところで妻に問いかけました。

「TELエッチ初体験はどうだった?」

「うん。恥ずかしかった・・・」

「恥ずかしいだけ?」

「・・・・・」

「興奮した?」

「・・・・うん」

妻は俯き加減で恥ずかしそうに私にそう答えました。

「感想は?」

「うん・・・あまり好きではないかな・・・」

「好きではない?どうして?」

「よくわかんないけど、恥ずかしさもあるし・・・あと・・・」

「あと?」

「うん。どうもお互い演技してるみたいで・・・」

「そうなんだ。じゃぁママはやっぱりリアルがいいんだね?」

「そんなことないけど・・・パパはその方がいい?」

「俺は今ならリアルだともっと興奮するかも」

「パパは心配にならない?前みたいに」

「どうだろなぁ?心配にならないって言えば嘘になるかもだけど、今はママを信用しようと努力はできるかな」

「そっか・・・パパはどうしてそんな普通じゃないことで興奮するの?」

「普通じゃない?」

「うん。だって普通の男の人は絶対他の人とって無理じゃない?」

「う?ん どうしてなんだろなぁ? ただの変態かも(笑)」

妻は私がそう言うとニッコリ微笑み車の窓から流れ去る町並みを見つめ、そっと私の手を握ってしばらくは何も話しませんでした。

私はいつのまにか以前に妻を一人でカウンターに座らせスーパーの社長さんと知り合わせた店の近くまで車で来ていました。

妻もその事がわかったのか私に

「この辺りって前に行ったお店の近くだよね?」と尋ねてきました。

「そうだね。あの頃の俺達とは少し変わったけどね」

「うん確かに変わったね」

「まぁあの頃よりはママは綺麗になったよ」

「そんかことないよ」

「いやぁ?綺麗になったと思うよ。今ならもっと声をかけられるかも」

「そんなこと絶対ありえませんよぉ?だ」

「じゃぁ試してみる?」

「え??試すってひょっとして?」

「そう!また一人でカウンターに座って声を掛けられるかどうか試してみるんだよ」

「・・・本当に?・・・」

「あははは 冗談だよ」

「なぁ?んだ冗談か・・・」

妻は少し声のトーンを下げて不満げにそう言いました。

「え?ママは試してみたいの?」

「ううん」

「なぁ?んだ一瞬期待したのに」

「違うんだって・・・私を試すんじゃなくって、私はパパを試してみれるかなって・・・」

「俺を試すって?」

「本当にパパは私を信用してくれるかどうかを」

「ほぉ? じゃぁこうしようよ。今度はママ一人で見せに行って俺はこのまま家に帰るよ」

「え??帰っちゃうの?後から来てくれないの?」

「行った方がいい?」

「だって不安だもん」

「今度はママが一人でママの気持ちのまま行動すればいいよ。俺の目を気にしないで済むから」

「何かあればどうするのよ?」

「あぶない事があれば電話してくれればいいよ。もしもの時の為に近くのネットカフェにでもいるから」

妻はしばらく考えて私に車を止めるよう言いました。

「パパ?何かあれば電話かメールするね。けどこんなおばさんに誰も声を掛けてこないと思うけどね」

「わからないよ。ママ綺麗になったから」

「ありがとう。少し呑んでマスターとお話してから帰るよ。電話するから迎えに来てね」

妻はそう言って車を降りて店の方へと歩いて行きました。

妻は本当に私を試したかったのだと思います。だから店へと向かったのでしょう。

私は期待する気持ちより妻の私を試したい気持ちの方がとても愛しく思えました。

以前の頃よりは数段余裕もあり、妻の帰りを単純に1,2時間待てばよいと軽い気持ちでした。

私はコインパーキングに車を止めて、近くのネットカフェへと一人歩き出しました。

そのときでした。私の携帯に妻からメールが来ました。

(只今私の左隣にはサラリーマン風の若い男性2名、そして右隣には誰もいません^^;)

そんなメールに私は思わず噴出しそうになり、妻へメールを返信しました。

(残念ですね。そのご誰かいい男性が来られるのを期待します)

直ぐに返事がありました。

(わざわざご心配していただきありがとうございます★)

妻の返信メールを見てネットカフェに入りしばらく妻を待つことにしました。

30分したころに妻から

(サラリーマン風の2名のうちの一人をゲット!)と絵文字入りで嬉しそうにメールが来ました。

(おめでとうございます。久しぶりの現実逃避第2弾ですか?)と妻にメールを送りました。

1時間後妻からまたメールが届きました。

(ただいまカラオケしております。変な人でもないので先に家に帰ってください。タクシーででも帰ります)

そのメールを目にしたとたん、私の中には期待と興奮が沸き起こり、妻にはメールの返事をせずにそのままネットカフェを後にして家路へと向いました。

帰りの車を運転しているときも私の頭の中は妻がカラオケボックスで先ほど知り合ったばかりの男に唇を奪われ・・・そんな妄想が頭を駆け巡り興奮でいっぱいでした。

家に着き一人で布団に入り妄想で興奮し、私の愚息はギンギンに硬直して鈴口からは我慢汁が溢れ、今にも爆発しそうでした。

興奮と嫉妬で寝ることも出来ないまま妻の帰りを待っていると私の携帯が鳴りました。

妻からの電話でした。

「もしもし?」

「パパ?寝てた?」

「いや。寝れるわけないよ」

「そっか。今から帰るね」

「うん。それよりどうだった?」

「帰ってから話すね」

妻は私の質問には即答しないで電話を切り、私は妻の帰りをただ待つしかありませんでした。

しばらくすると玄関の鍵を開けて妻が

「ただいまぁ?」と小さな声で部屋へと入って来ました。

妻からは酒の匂いがプンプンとして、顔は真っ赤でかなり酔っているようでした。

そんな妻に直ぐに

「だから?どうだったの?」と聞くと妻は

「聞きたい?」と薄ら笑いを浮かべて本当に小悪魔のように私に向かってそう言いました。

「聞きたいさ」

「ふ??ん聞きたいんだ?じゃぁ自分で確認してみれば?」

妻はソファーに座る私を見下げてそう言って私の前に立ちました。

妻のスカートを一気にめくり上げた瞬間私は驚きました。そこにはいつもなら履いている下着が無かったのです。

スカートをめくり上げながら下から妻を見上げて

「パンツどうして履いてないの?」

「うふふ。あげちゃったのぉ?」

「はぁ???あげちゃったって?」

「はい。欲しいと言われたものであげちゃいました」

「なんだそれ?ってことはエッチしたってこと?」

「だから自分で確認しなさぁ?い!」

私は子供達が起きてきても困るので、妻をそのまま寝室へと連れて行き鍵を閉めて妻の着ているモノを全て脱がせました。

妻の身体を見てもキスマークはありませんでした。問題の妻の大事な部分を見るため妻をベットに寝かせてを開かせました。

「パパ?そんなに見ないで恥ずかしいから」

妻は電気が光々と付く中で私に自分の大事な部分を見られることに恥じらいを感じて自分の顔を手で覆ってそう言っていましたが、そこはキラっと光る程濡れていて、私の指をも抵抗も無くすんなりと飲み込んでしまうほどでした。

匂いを嗅いで見ましたが、精液の匂いは無くゴム臭も無い妻のいつもの厭らしい雌の匂いだけでした。

「しなかったのか?」

「ピンポーン!」

妻ははしゃいだ子供のようにそう答えました。

「じゃぁどうしてパンツが無いの?」

「うんと。カラオケで勝負したの」

「勝負?」

「うん。カラオケの得点で競ったのね。そして私が負けたの」

「負けてパンツあげたの?」

「うん。私が勝てばラーメンとタクシー代で彼が勝つと私のパンツって」

「はぁ?なんだそれ??」

「それで盛り上がってカラオケ行ったのよぉ?ん」

「それでママが負けてパンツ脱いであげたんだ」

「そう!けどトイレに行って脱いできたけどね」

妻は上機嫌で楽しそうにそう私に話してくれました。

「そうなんだ。じゃぁエッチなことは無しだったんだ?」

「エッチなことあったじゃない?パンツあげたんだよ?」

「まぁそうだけど」

そう話していたときに妻の携帯が鳴り妻が携帯を開いて

「うわぁ?ホントに送ってきた」とそう言いながらビックリしているようでした。

「何が送られて来たの?」

「パパ見たい???」

「見せて欲しいよ」

「じゃぁ見せてあげる」

そうして私は妻から携帯を受け取り携帯を見てみるとそこには3枚の写メが送られて来ていました。

その写メには妻の下着マスク代わりのようにして顔にかぶっているモノと大きくなった自分のモノに巻き付けているモノ、そして妻の陰部のあたる部分に射精をしているモノでした。

妻はいったいどうしてこんな写メを送ってもらったのか?それと写メを送ってきたということは妻はその男にメルアドを教えたってことであって・・・・

そのことは妻自身がとった行動には間違いの無いことでした・・・・

私が妻の携帯をマジマジと見ていると、妻は私の手から自分の携帯を奪い

「はぁ?いお終い。こんなのはさっさと削除!」と言いながら写メを削除してしまいました。

「えぇ?削除しちゃったの?」と私が言うと妻は

「だってこんなモノいつまでも置いておけないよよ。けど・・・こんなことするんだ男の人って」と少し引き気味にそう言いました。

「普通はするんじゃないかな?」

「そうなんだ。なんか気持ち悪いぃ?」

「あげたのはママでしょ?」

「そうだけど・・・ついつい酔って悪乗りし過ぎたかな」と少し焦っても見える妻でした。

「その男はどんな感じの奴だったんだ?」と私が聞くと妻が言うには、良くもなく悪くも無く、普通とのことで、明るいスポーツマンタイプの男とのことでした。

あの店で仕事帰りに友人と二人で呑んでいたそうですが、もう一人の男性に電話があり、急用で一人が帰ってから隣で一人で呑んでいる妻に声を掛けてきたそうです。

最初はぎこちなく話していた男性も急に酒を呑むペースが速くなり酔いも回ってくると妻に話す機会を与えないほどに一人でしゃべり続けるような状態で、いつの間にかカラオケに付き合って欲しいと頼まれ、妻自身も久しぶりにカラオケに行きたかったもので一緒にいったようです。

カラオケで得点が出たそうで最初は1曲、1曲で競いあっていたそうなのですが、最終妻も酔っ払って履いている下着を賭けたようなのですが、私にすればトイレで脱いで来ても脱いだ後は、その男に手渡しもしているでしょうし、その後妻はノーパンだったのは間違いの無いことですから、尚更興奮しました。

「なぜママのパンツになった訳?」

「う?ん。パンツ好きなんだって(笑)」

「好きって言われても普通生脱ぎしてあげないだろ?」

「そうだね。けど少し可愛そうになっちゃったてね」

「彼が?」

「うん。だって恥ずかしそうに自分は生身の女性よりパンツに興奮しますって言うんだもん」

「はぁ???なんだそれ??ただの変態じゃないかよぉ?」

「パパだって十分に変態じゃない(笑)」

その夜はそんな話をして寝たと思います。



しばらくして妻からその彼からメールが頻繁に来るようになったと言われました。

その内容は口説くとかの内容ではなく、変態チックなものでもなく、笑えるような内容でさらっと下着を見せて欲しいと書き加えるような内容でした。

「そんなに見たいなら見せてやれば?」と妻に言うと妻は

「えぇ?自分でそんな写真撮るの?」と私の予想していた妻の反応は絶対嫌だと言うと思っていたのですが、送ることには嫌ではないのだと思いました。

「俺が撮ってやろうか?それとも鏡に自分を映して撮れば?」と私が言うと「そっか鏡に映して撮ればいいんだ」とすでに撮る気満々のようでした。

「送るのはいいけど顔は映らないようにしないとネットに出されても困るからね。あ!それと、もし送るであればそのときに俺にも一緒にその写メ送ってくれること忘れないでね」と妻に言いました。

次の日の昼休みに私の携帯に妻かメールがあり、それを見てみると茶色の上下の下着を身に付けた首から下の妻の下着姿の画像が添付されていました。

私の知っている妻がこんな写真を自分で撮るなんて今までは考えることはできませんでしたが、私に公認され好きなようにその男性とメールでき、まるで独身の女性のような気分の妻であれば送ることも出来たのでしょう。

そんな妻に帰って尋ねました。

「ママもあんな写真よく送ったね」

「結構綺麗に撮れてたでしょ?」

「まぁ?綺麗には撮れてたけど・・・送って彼はどうだった?」

「凄く喜んで、営業してるみたいなんだけど車の中で撮った彼のエッチなの送って来た」

「エッチなのって?見せてくれよ」

「あぁ?もう消しちゃったよ。だってそんなの残しておいて誰かに、もし見られると困るから」

「そうなんだ。ママはそれ見てどうだったの?」

「う?ん。正直に言うとなんだか嬉しかったかな」

「嬉しかった?」

「うん。こんなおばさんの写真で興奮してくれるんだから」

「え? それは下着だけ見て興奮してるんじゃないの?」

「え???そうなのかな・・・・」

妻は少ししょんぼりした顔で

「やっぱりそうなのかなあ・・・」と。

しかし妻は今までは母親として、そして私の妻として少し自分の女性としての自身みたいなものを失いかけていたのでしょう。

それが私以外の男性を意識するようになり、一人の女性としての自身が彼女を少しづつ綺麗にしてきたのかも知れません。

そして妻に以前のように気持ちまで感情移入しないことをしっかりと話し、妻自身から私の性癖を彼に話し、どこかで3人で逢うことはできないかと話して見ました。

妻は少し困った表情をしていましたが、

「わかったよ。その方がパパと私にとってはいいものね」とOKをしてくれました。

妻は早速彼にメールをしました。

数分して彼は驚いたような内容の返事が来ましたが、妻は彼に今回の経緯を詳しくメールで返信すると直ぐに彼から、詳しいことは良くわからないが、食事くらいなら私を含めて大丈夫とのメールが来たようです。

早速、3人で会うことになりました。



約束した店に妻と行くと彼らしき人物は来ていませんでした。

しばらくして妻の携帯に彼から店に着いたけど何処にいるのかとメールがあり、妻は入り口の方へと彼を迎えに行きました。

個室の居酒屋でしたので、妻と彼とが戸を開けて入ってきたのですが私はあまりに若く見えたのでびっくりしました。

確かに可でもなく不可でもないと妻が言ったようにイケメンではないけれど清潔感溢れた好青年って感じの男性でした。

妻が

「ノリ君です。そして主人です」と少し照れながら彼と私にお互いを紹介しました。

「始めまして○○といいます」と彼がしっかりとした口調で私に挨拶してくれました。

「こちらこそ始めまして○○○の主人の△△です。妻が楽しいメールをさせてもらっているようで、ありがとうございます」と私が言うと彼は顔を赤くして苦笑いををしていました。

3人で酒を呑みながらお互いのことなどを話しているときに私が彼に

「妻から聞くとノリさんは下着フェチだと聞いたのですが?」と言うと彼はそんなことまで話したの?っと言わんばかりで妻を見て私に

「結構好きですね」と照れながらそう言いました。

「妻の下着はまだ持っているの?」

「え??それまでご存知だったのですか。ビックリですよ」

「ええ。私達夫婦は色々ありまして、隠し事をしないで何でも話すようにしているものでね」

「そうなんですか」

「ええ。それで妻がノリさんにプレゼントした下着はまだ大事にお持ちでしょうか?」

「ええ。未だにお世話になっています」

彼は恥ずかしそうに妻と私を交互に見ながらそう答えました。

妻が

「えぇ?まだ持ってるの?汚いから捨てなさぁ?い!」と彼に照れ隠しにそう笑いながら言いました。

私は続けて彼に言いました。

「ノリさんさへよければ、今日妻の生下着姿でも見ていただければと思っているのですが?」

「え?ホントですか?」

「ええ勿論妻がOKしてくれればの話ですがね(笑)」

妻は

「そんなの無理に決まってるでしょ!」と私を少し睨むようにそう言うと私と彼は声を上げて笑いました。

「まぁそれは後々のお楽しみとして、ノリさんがよければ妻と楽しく遊んでやってくださいよ。時々は下着姿の写メくらい送ってくれるでしょうし(笑)」

「いえいえ。ご主人がおられるのにそんな・・・」

しばらくそんな内容の話をしていたのですが、妻が少し酔ってきたのかトイレに立とうとしたときに少しヨロっとなりその場に座り込んでしまいました。

妻は当然のようにミニスカートだったもので今まではスカートの前にハンカチを置いて座っていて、見えなかったスカートの中がよろめいて座り込んだおかげでスカートが競りあがりピンクのパンティが露になりました。

彼はその姿を目を丸くしてマジマジと見ていました。

「ノリさんどうですか?妻のピンクの下着は?」と私が彼に問いかけると彼は今までとは別人のように目を輝かせて

「最高ですよ!」と私に向かってそう言いました。

私は店員の足音がしないのを確認して、少し抵抗する妻のミニスカートをたくし上げました。

ベージュのミニスカートを腰までめくり上げ、妻が身に着けているピンクのTバックが全て彼に見えるように妻のを開けて、私は彼に見せました。

彼は血走るような目つきで妻の閉じようと必死に動くと時々見え隠れする妻のピンクの下着で覆われている少し盛り上がったその部分を少し身体を乗り出して見つめているのでした。

「やめて・・・」妻の声は弱々しく聞こえましたが、それは妻が少し感じ始めた証拠のようにも聞こえました。

少し恥ずかしそうに私を見ながら言った妻はどことなく私以外の男性に見られる事に感じているのかも知れません。

いくら自分の下着をプレゼントした男性であっても今、目の前でマジマジと見られることは妻には予想以上の恥じらいによる興奮が増していたのでしょう。

先ほどまで私がを開かせようとすると抵抗をしていた妻でしたが、を拡げたまま閉じようとはしなくなりました。

「ノリさんどうですか?妻の生パンツは?」

「え・・・興奮します」

そう言う彼の言葉を妻は聞いて覚悟を決めたのか、時折彼の目をチラチラと見ていました。

「ノリさんここではなんですので、少し場所を変えませんか?」

私の誘いに彼は妻を見ながらいいました。「いいのですか?本当に・・・」

私は妻に

「ノリさんが聞いてるよ?」と問いかけます。

「私に決めろといわれても・・・・」

「嫌とは言わなかったので場所を変えましょう」私は直ぐに行動に移しました。

3人でタクシーをひらい、繁華街から少し離れたラブホテルがある近くまで行きました。

タクシーから降りて少し3人で歩き、最初にあったラブホテルへと入り3人で使用可能かと聞くと別料金は発生するがOKとの事でしたので、一番広い部屋を選び入りました。

タクシーに乗ってから部屋に入るまでの間、妻も彼も一言もしゃべることはありませんでした。

部屋に入り、どことなく緊張する私を含めた3人は何を話せばいいのか解らない状態で私はベットに寝転び妻はソファーに座り、彼は部屋に置いてあったマッサージチェアーに座っていました。

沈黙を破ったのは妻でした。

「二人共何か話してよ・・・」弱々しい声で妻がそう言うと彼は

「すみません」と一言妻を見ながらそう言って軽く頭を下げました。

「悪いのはパパだよ!」と頭を下げる彼を見て妻は私の方を睨んでそう言いました。

「え??俺?」私のその言葉で妻と彼は噴出し笑いました。

テレビを付けて3人でビールを呑みながら少し雰囲気が和んで来たところで冗談半分に彼に言いました。

「ノリさん。もし今妻がノリさんの前で下着を脱いでノリさんに手渡せば、いつも前に妻にもらったモノでしているように妻の目の前でしてくれる?」

彼は少し驚いたようでしたが覚悟を決めたのか

「いいですよ」と笑顔でそう言いました。

「ママ。見たくない?いつもノリさんがどんなことをしているのか」

「ええ? そんなの見れないよ・・・」

「想像はしていたんだろ?ノリさんがどんな風にしているのか」

「・・・・してないよ」

「ノリさん 見せてやってもらえますか?もし見せてやってもらえるなら妻はきっとノリさんの前で自分から下着を脱いで手渡しますよ」

私がそう言うと彼は

「ホントですか?見てみたいです」

「ママ?見たいんだってノリさんは。ママも見たいんだろ?」

「見たくないって・・・」

妻は恥ずかしそうにそう言って黙ってしまいました。

そんな妻を私は手を引きベットの上にと連れて行き、先ほどのように嫌がる妻のを開かせました。

「ノリさんどうですか?妻のムンムンした下着が見えますか?妻は恥ずかしがってはいますがきっとこの下着の中はヌレヌレになっていますよ。ノリさんが妻を見ながらオナニーしてくれるときっと妻は喜びますよ。そしてきっと下着を脱いでノリさんに差し出すと思いますがね」

私のその言葉を聞いて彼はベルトを緩め、そしてズボンを脱ぎトランクス1枚になると彼の肉棒は大きくなっているのがわかるほどでした。

「ほらママ見てごらん。ノリさんはママを見てもう大きくなってるよ」妻の耳元でそう囁くと妻は閉じていた目を少し開け

「やだ・・・恥ずかしい・・・」

妻が自分の大きくなっている部分に目をやり恥ずかしがって、目を閉じたのを見た彼はトランクスをずり下げると狭苦しい中から開放された肉棒は固く張り詰めそして彼のお腹にくっつきそうなくらいにビンビンでした。

太さはそれほどでもないのですが、長さは私より数段長くカリの部分が本当にマツタケのようにポコっとしている肉棒でした。

彼はその肉棒に手を差し伸べ、妻の開かれたの中央部分に目をやりながらゆっくりと扱き始めました。

「ママ?見てごらんよ。ノリさん扱いてるよ」

妻はイヤイヤと目を閉じたまま首を左右に振り、顔を背けました。

私はそんな妻を見て、妻自身私がいることに少し気を使っているかと思いました。

当然彼も私がいるよりもいない方がもっと大胆な行動に出るのではと思い、二人に自分は風呂に入るので、遠慮なく見せ合えばいいよといいバスルームへと向いました。

当然船にも溜まっているわけでもないので、自分でバスルームへ行き蛇口を開けを張りました。

バスルームへ行き、が溜まるまでシャワーを浴びて身体を温めて部屋の二人をこっそりと覗いてみると既に妻は目を開けて彼の扱くモノを見ていました。

彼は先程よりも妻に近づき、長い肉棒を大胆に扱いていました。

何やら会話をしているのですが、おを張る音で聞き取ることは出来ませんでした。

船にが溜まりを止めて船に入るとドアの向こうから二人の会話が聞こえて来ました。

「エッチでしょ?」

「うん。いつもそんな風にしているの?」

「ええ。いつもは○○○さんの下着を巻き付けたりしてるけど・・・」

「そうなんだ・・・私に脱いで欲しい?」

「勿論ですよ。そのパンツ脱いで僕にくれませんか?」

「変なことしない?」

「しませんよ」

その会話を聞いて二人の様子を見たくなり、そっと船を出てドアの隙間から二人の様子を見てみると妻は彼に背を向けてスカートをたくし上げ下着を脱ごうとしているところでした。

その光景は私のあまり元気のないモノを熱く固くし始めさせました。

自分でもその部分に血が集まるのを感じるくらいに・・・

妻は下着から抜き取りスカートを元通りに戻して彼の方を向いて小さく自分の脱いだ下着を丸く丸めて彼に手渡しました。

妻から差し出された下着を今まで自分のモノを扱いていた右手で受け取り両手に持って拡げ妻の大事な部分があたっていた部分に彼は目をやりこういいました。

「○○○さん濡れてますよ」

「見ないで・・・」

妻がそう言うと彼は両手で拡げた妻の下着をそのまま鼻に押し付け大きく息を吸い込むように匂いを嗅いでいました。

「やめて・・・そんなこと」

「いい匂いしてますね。この間のものよりずっといい匂いがしてますよ」

「恥ずかしいから・・・お願いやめて・・・」

彼は左手に妻の下着を鼻に押し付け右手で、いかにも妻に見せ付けるように自分のモノを激しく扱きました。

「あ??いい匂いだ・・・○○○さん凄くエッチな匂いしてますよ」

「・・・・・・」

「濡れてるんでしょ?」

「・・・・・」

彼は今度は妻の下着を自分の亀頭部分に巻き付けて扱き始めました。

「ここに○○○さんのモノが当たっていたんですよね?あぁ??興奮する」

妻は恥ずかしそうですが、興奮しているのは確実のようです。

「○○○さんのモノ見せてくださいよ。僕だけ見せてたんじゃ・・・・」

ベットに座っている妻はゆっくりとゆっくりとを拡げて行きました。

妻が私の目の前で自分から私以外の男性にを拡げる姿を見ると私の興奮は表現できないほどでした。

今までは自分の頭の中で創造するだけのことでしたが、現実にそんな妻を見ると自分の良く知る妻だけに信じられないほどでした。

それだけでも興奮している私に追い討ちを掛けるかのように妻は大きくを拡げて彼を見ながら

「見えてる?わたしの恥ずかしいところ・・・」

妻のその言葉を聞いて、以前妻が自分の意思で抱かれた時も私が知っている妻とはまた別のいやらしい姿を見せていたと思うと興奮と嫉妬で私は一気に興奮の絶頂を迎えてしまいました。

私が妻の姿を見て絶頂し達した少し後に彼もまた妻の開かれたの中心部分に目をやり、妻の下着を擦りつけ妻に見せ付けるように厭らしい声をあげながらドクドクと白い淫液を放出しました。

「うわぁ?凄い・・・」

彼の射精を見て妻はそういいました。

確かに彼の射精は妻が見慣れている私の射精とは違い長く続きながら鈴口から大量の淫液を放出していました。

「お????」とうめくような声で最後の放出を終える彼でした。

妻を見ると本当に目を丸くした表情でそれを直視しているほどでした。

「どうでしたか?」彼は放出した後なのに未だピンと上を向いた自分の肉棒をかるく扱きながらそう言いました。

「凄いんだねノリ君は」

「そうですか?一人だともっと変なことしてるかも・・・」

「そうなんだ・・・」

「あ!すみません・・・パンツ僕ので汚しちゃいました」

「いいのよ。仕方ないわ」

私は彼の射精を見届け二人がそんな会話をしている頃に二人の居るところへと戻りました。

「すでに終わったみたいだね?」

私がそう言うと妻は慌てて開いていたを閉じました。

「ママどうだったの?」と私が聞いても妻は照れ笑いをするだけでした。

「今度はママの番だよ?」私がそう言うと妻は

「え??嫌だよぉ?そんなの」

しかし私と彼はそれを許さないといわんばかりに妻を厭らしい目つきでじっと見ていました。

妻は観念したかのように座っていた状態から後ろへと倒れこみ目を閉じてしっとを閉じたまま自分の陰部へと指を這わせて行きました。

ゆっくりとクリトリスを指で弾くように触ったり、時々指で摘まんだりと・・・・

彼を見てみると先ほど射精したばかりの長いモノをゆっくりと妻を見ながら扱いていました。

「ママ。を開いて思いっきりオナニーしていいんだよ?」

私がそう言うと妻は少しだけを拡げ自分の指を自分の秘穴へと入れて行きました。

「あっ・・・・」

妻の我慢している声が少しもれました。

私と彼とが見ている前で自分で自分自身を慰め感じている妻の姿は私だけでなく彼をも興奮させていました。

妻が指を入れ少し動かすだけでクチュックチュクチュと音がするほど妻のそこは濡れそぼっていました。

目を閉じて眉間にシワをよせながら自分の快楽を我慢する妻の顔は一段と淫らに見えました。

私は我慢できずに妻にキスをしました。

そして上に着ているモノを逃がせブラジャーを剥ぎ取り彼の方へと投げました。

彼はそれを手に取りマジマジと見つめて、ブラジャーのカップの部分に亀頭を擦りつけ彼もまた、眉間にシワを寄せて快楽の真っ只中のようでした。

目の前で感じる妻のを大きく拡げて私の指で妻のその部分を広げて彼にいいました。

「これが妻の○○○○です。ビラビラも小さいでしょ?」

そういって妻にもう一度キスをしながら彼を近くに呼びました。

彼は妻の足元に近づき、私に言われるまま妻のを開いてその間に自分の頭を埋めていき、舌先を小さくしたようにして妻にクンニをし始めました。

妻の舌先が軽く触れただけで妻はビクンっと身体をのけぞらすようにしていました。

私は妻の口元へ自分の小さく元気のないモノを持って行きました・

私以外に大事な部分を目の前に晒して、そして感じている妻は、やはりどこかいつもの妻ではないような気がしました。

私では本当に感じていないのであって、今の妻の表情、感じ方が本当に感じて厭らしくなった妻なのかも知れません。

私の少し大きくなった愚息を口に咥えながら私の目の前で大きくを拡げ自分の一番恥ずかしい部分に舌を這わされる妻の表情は、私が今まで見たことのない淫様な表情でした。

先ほどまであれほど興奮していた私でしたが、目の前の妻を見ていると興奮はしているもののどこか冷静な部分がありました。

厭らしい音を立てながら私の妻を舐める彼は、まるでエサを与えた動物のように必死に貪りついているようでした。

妻はというと私のモノを咥えるのを辞めて眉間にシワを寄せ苦痛に耐えるともいえるほど必死に何かを我慢しているように見えました。

「気持ちいいのか?」との私の問いかけにただ声も出さずに頷くだけの妻でした。

私は妻と彼の二人をベットに残したままその場を離れソファーに一人腰掛けながら二人の行為を見つめていると、どんどん冷静になっていく自分が解りました。

現実に私の目の前で他人と情事を交わす妻を見て、自分ではもっともっと興奮すると思っていたのですが、まるでAVを見ているかのように目の前で繰り広げられる行為はそれほど私を興奮さすものではありませんでした。

妻が身体を大きく仰け反らせて始めての絶頂を迎えました。私のモノは大きくはなっていませんが鈴口からは透明の淫汁が流れ出ていました。

最初の絶頂を迎えた妻は、私の方を見ることもなく起き上がり彼の大きくなったモノへと手を伸ばし彼の顔を見ながらゆっくりと扱きだし彼に向かってこう言いました。

「大きくなってるね」

そう言う妻の表情はとても嬉しそうでした。

自分で興奮してくれる女の喜びみたいなモノを感じているように見えました。

彼は妻がそう言うと少し照れたような仕草を見せて妻の濡れた部分へと自分の手を持って行き「○○○さんもこんなに濡れてますよ」と妻を見つめそう言いました。

妻は少し顔を赤らめ照れたような仕草で彼を見つめていました。

二人はお互いのモノを触りながらしばらく見つめ合ってまるで恋人同士のように顔と顔が近づき、お互いの唇を貪りあうようにキスを交わしだしました。

今まで冷静に二人を見ていた私でしたが、激しく唇を重ねる二人を見て心臓は高鳴り身体の奥底からメラメラと嫉妬と興奮が私を襲いだし、今まで大きくなることの無かった愚息が頭を持ち上げ始めました。

そんな私を無視するかのように二人はお互いの熱くなった部分を触りながら長い長いキスを交わしながら、そして抱き合いそのままベットに倒れ込み、彼は妻の首筋から胸へかけて激しくキスを。

妻は大きな声をあげるほどではありませんが、息遣いも荒くなり耐え切れなくなったのか彼の頭を両手で抱きかかえるように持ち上げ自分の方へと向かせて見つめあい、そして二人はまたキスを交わすのでした。

妻はまるで子供を見るような優しい眼差しで彼を見ながら彼を押し倒しビンビンになって張り裂けそうになった彼のモノを手で持ちそっと口に含みました。

その時でした二人を見ている私を妻は彼のモノを咥えながら目を見開き私を挑発するかのような目で見つめました。

妻の目をじっと見つめる私に妻は目でこれが欲しいのと訴えるようでした。

私は何も言わずに首を縦に振ると、妻は彼のモノを咥えるのを辞めて彼にそっとキスをして自分から彼の上に跨り自分の淫穴へと導きました。

妻のその部分が大きく開かれながら淫唇が彼のモノに巻き付くようにして彼のモノを飲み込んで行きました。

全てが収まったとき妻の口から

「はぁ???ん」と声が漏れ、ゆっくりと自分で腰を使いながら彼のモノを出し入れする妻の姿はやはり私が知っている妻とは違うように見えました。

なぜか私はまた興奮が冷め冷静になって行くのでした。

彼の上で激しく自分から腰を動かし妻の中から出入りする彼のモノには妻から流れ出る白い淫液が流れ落ちだしています。

「あぁ?ん気持ちいい? あぁ?」と何度も何度も歓喜の声を上げ、

「ノリ君!逝っちゃうよ」と言うと今まで上下に動いていた妻の淫穴が彼のモノを奥深くまで飲み込んだまま今度は自分の腰を前後に激しく振りました。

「ダメ!逝っちゃう!!」妻は大きな声でそう叫び絶頂を迎え、そのまま彼のモノを抜いて後ろに倒れて自分からを開き

「ノリ君!付いて!」と彼に言いました。

彼は起き上がり自分のモノを掴み妻の中に入れ、激しく妻を突きました。

「あん!凄く気持ちいい?? 凄い??」以前社長さんに抱かれたときに電話から聞いた妻の声のようでした。

「凄い!もっと!もっと! お願いいっぱい付いて!」そう言う妻に彼は今まで以上に激しく妻を攻め最後の瞬間を迎え

「僕も逝きそうです」といった瞬間妻の中から自分のモノを引き抜き、慌てたように妻のお腹を跨ぎ、妻の胸の上で妻の淫液で真っ白になった自分のモノを扱き、妻の顔を見ながら

「おぉ????出るぅ??」とうめきながら彼のモノから白いモノが放たれました。

妻の胸から首筋まで彼のモノから勢い良く発射された白い精液が何本も何本も描かれていきました。

妻も同じように絶頂を迎えて妻のそこからは透明の淫液が迸っていて、そして彼の袋からも妻から放出された淫液がポタポタと流れ落ちているのが見えました。

私との行為であれば妻はすぐにティッシュで自分の身体を拭きだすのですが、そのときの妻は彼に抱きつきキスを交わすのです。

私には妻が彼に抱かれる行為よりも、彼と抱き合いまるで愛し合っているようなキスを交わす行為の方が、言葉では言い表せない程の興奮と嫉妬が襲いました。

当然私との行為と私以外の男性との行為がどこか違うように見えるのは仕方のないことなのでしょうが、私が見慣れている妻の仕草や表情が違う妻に興奮と嫉妬を感じました。

その後二人は別々に風呂に入り少し話をしてホテルを後にしました。

家に戻って私の知る普段の姿に戻った妻を見ていた時、さっきまでの彼との行為が私の頭の中に浮かび上がった瞬間、私の中に今までに感じたことの無いほどの興奮が私を襲うのでした。

この妻が・・・・さっきまで・・・と思えば思うほど嫉妬と興奮でいっぱいになる私でした。

その後、子供達が寝ているのにもかかわらずに妻を押し倒しそのまま妻の中に挿入

「ママ感じたのか?」と私が聞くと妻が

「気持ちよかった・・・」と私に少し罪悪感でもあるかの様に答える妻に愛しさと少しの腹立たしさを覚え、一気に私は果ててしまいました。

「パパ興奮してくれたんだね・・・よかった・・・」

その一言がそのときの妻の本音だったのでしょう。

「え?興奮してくれってって?」

「うん・・・またパパが誤解や変に思っていたらどうしようかって少し不安になったから」

「そっか。今回は自分なりに少しは成長したと思っているから大丈夫だよ」

「私はパパが喜んでくれるならそれでいいの」

「喜んでいるけどさぁ? ママは結構興奮してたんじゃない?」

「え???そう?? パパが見てるって思うと・・・」

「そうかなぁ??いつものママより凄かった気がしたけど」

「演技、演技(笑)」

妻は少し照れくさそうに私にはそう言いましたが、妻の中で何かが変わったように私は感じたのです。

妻は確かに私との性生活で不満を持っているようには思えませんが、彼との交わりで妻は間違いなく私との違いを感じたと思います。



次の日に私は妻に彼と二人で出かけてくればと妻に話を持ちかけると妻はどことなく嬉しそうにしていました。

「ママはノリ君は嫌なタイプなの?」

「ううん。嫌でもないし良いでもないよ」

「嫌じゃなければ今度は二人だけでゆっくりしてくれば?」

「二人っきりで?」

「うん。その方がノリ君も気を使わないでいいんじゃないかな?」

「パパはいいの?」

「俺は大丈夫さ。ママの帰りをムンムンしながら待ってるよ。興奮しすぎて鼻血でたりして」

「何よそのムンムンって(笑)」

「ムラムラを通り越してって感じ(笑)」

変態!!」

「はい。十分変態ですが?何か?(笑)」

「ハイ。ハイ解りました変態さん。パパがそうして欲しいならそうします(笑)」

「お願いします。それより今からノリ君に写メール送ろうよ」

「えぇ?また変なの送るの?」

妻はそう言いましたが膳は急げで私は妻を寝室に連れていき早速携帯で撮影することにしました。

「ママ。そこにもたれて少しを開いてよ」

「えぇ? 恥ずかしいよ」

「いいからいいから」

妻は寝室の壁にもたれ膝を立て体育座りのような形から少しづつを開いて行きました。

「もう少し! うん。OK」

妻の薄紫のスカートが少しめくり上がり妻のの間からブルーの下着が見えているのを確認して携帯で撮りました。

「もういいでしょ?」

「もう1枚だけお願い」

「もう!これで終わりだからね」

「うん。じゃぁ今度はM字開して」

「バカ!!そんなの恥ずかしくって出来るわけないでしょ!」

「それ以上のことしたでしょ?それくらいサービスサービス」

妻にそう言うと妻はそのままを開き顔を照れ隠しかのように俯いたまま

「パパ?早く撮ってって・・・」

そう恥ずかしそうに言いました。

私は携帯では物足りなく思いデジカメを慌てて準備してその1枚を撮りました。

「あのぉ?もしよろしければパンツも脱いでいただければ光栄なのですが?」

「本気?」

「はい。本気でございます。そのためにデジカメ用意させていただきました」

「嫌っていっても許してくれないよね?」

「勿論です」

「パパの変態!!もうしらないからね!」

妻はそう言って観念したかのように立ち上がり後ろを向きながらスカート少しめくり上げ屈むようにして口から自分の下着を抜き去りそっと畳んで横に置き、自分から床に座りを拡げました。

「パパ恥ずかしいからマジマジと見ないでって・・・」

そう言う妻を無視するように私は慌ててシャッターを切りました。

妻のそこは確かに光って見えました。恥ずかしさからか興奮しているに間違いはありませんでした。

デジカメを置いてそっと妻に近づきキスをして光るその部分に指で触れるとそこは抵抗もなくすんなり私の指を飲み込みました。

「あん・・・だめだって・・・」

「ママ・・・こんなになってるのはどうして?」そっと耳元で囁くと

「わかんない・・・」

「写真に撮られることに興奮したの?それともノリ君に見せる事に興奮したの?」

「いやん・・・パパ許して・・・」

妻はそう言うと私の指だけで逝ってしまいました。

「ママもう逝っちゃったの?」

「・・・うん」

「興奮してるんだね?」

「わかんない・・・勝手に・・・」

「ママはエッチだね・・・」

「パパそんなこといわないで・・・」

「さぁ?このエッチなママの姿ノリ君に見せてあげなよ」

「・・・やだ・・・恥ずかしい・・・」

「恥ずかしいから興奮するんだろ?」

「・・・・・・・」

妻は何も答えないので、私はデジカメの写真ではなく携帯で撮った写メを妻の携帯に送り、ノリ君に送るよう言いました。

妻は何やらブツブツと言いながら私に言われるままメールを送りました。

「ママ?怒っているの?」

「怒ってないけどパパは私を虐めて喜んでいるでしょ?」

「そんなことないって。ただ楽しんでいるかも(笑)」

「それを喜んでいるって言うの!!ホントパパは意地悪なんだから」

妻とそんな会話をしていると早速ノリ君から返信がありました。

ノリ君からのメールでは二人だと私に悪いので、また3人ならOKとの内容でした。

妻と相談してその週の金曜の夜に3人で会うことにしました。



金曜は朝から私も妻もどことなくワクワクドキドキしているのは間違いありませんでした。

「おはよう」と私が妻に声をかけると妻は

「おはようパパ??」と何やら意味深にも思えるような笑みを浮かべていました。

私はドキドキしながら家を出て昼休みに妻に

{今日の下着セクシーなものにすれば?}と妻にメールをするとしばらくして妻からの返信は

{そんなの持ってません!}でした。

{じゃぁ今から買いに行ってくれば?}と送ると直ぐに

{どんなのがいいのかな?}と戻ってきたので

{ママがいいと思うのを買ってくればいいさ}とメールを送り仕事へと戻りました。

私は仕事を終えて妻と待ち合わせをしている場所まで急いで向かいました。

駅の改札を出たところで妻を見つけたとき一瞬ドキっとするほどでした。

黒のニットっぽい超ミニスカートにロングブーツを履いてファーの付いたダウンを着て私を見つけて手を振っていました。

私がいったいどうしたのと言わんばかりの表情で近寄っていくと妻は照れたように

「どう?変身したでしょ?」と上目使いに私を見て言う妻の化粧もいつもの薄めの化粧ではなく少しどこか違って見えました。

「いったいどうしたの?」

「パパがあんなメールをお昼にしてくるから○○○(娘)の服借りちゃった(照笑)」

「えぇ??そこまでしちゃう???」

「変かな?」

「ううん。結構いいかも(笑)」

「パパが良いって言ってくれるのならそれでいいよ」

下着は?」

「買いました」

「着けてるの?」

「うん」

「どんなの買ったの?」

「ひ・み・つ(笑)」

妻はそう言って私に腕を組みノリ君と待ち合わせをしている店へと案内してくれました。

店へ到着するとノリ君は既に店に来ていました。

「こんばんは」と私達が言うと

「こんばんは。今日はすみません」と少し緊張しながら私達に挨拶してくれました。

「二人だけで会えばよかったのに」私がそう言うと

「いえいえ。ご主人を差し置いてそんなことはできませんよ。この間のことでも申し訳なく思っているのに」とノリ君が一気にビールを飲み乾しながらそう言いました。

「遠慮することはないよ。妻も私も楽しんでいるんだから」

「それなら安心ですけど」

「今日の妻は凄いだろ?」

「ええ。一段と綺麗に見えますよ」

「コラ!ノリ君!!そんなことおばさんに言うのは失礼だよ!」

「いえいえ凄く目だってますよ」

「いやぁ?ただのケバイおばちゃんだろ?(笑)」

私がそう言ってノリ君と笑うと妻は口をとがらせ頬を膨らませムッとした表情で私達を睨んで

「どうせおばさんですよぉ?いいもん。」とすねた子供のようでした。

「今日は息子は友達の家に泊まりに行って、娘は息子がいないので家に友達を泊めるみたいなんですよ。だから私達二人はゆっくりできるので」と私が言うとノリ君は

「私はいつでも自由です」と言って私達を和ませてくれました。

食事を済ませ3人で色々とコンビニで買い物をしてホテルへと向いました。

その後ホテルで私は容姿だけ変わった妻ではなく、熟女の悩ましさと性への大胆さに目覚めた妻を目の当たりにすることになるのでした。



ホテルに着いた私達は、途中で買ってきたビールで再び乾杯しお互いの緊張を解しました。

一番落ち着いていなかったのは、やはりノリ君でした。

「ノリ君緊張しているのかな?」

「え?そんなことはないと思うのですが・・・・」

「いやぁ?さっきから口数が少ないように思うよ?」

「さすがにホテルに来ると何か変な気持ちになってしまうもので・・・」

「あはは。変な気持ちってエッチな気持ち?」

「え・・・それは・・・」

ノリ君は妻の方をチラッと見て恥ずかしそうにそう答えました。

妻の方は私とノリ君をにこやかな表情で見ているだけで特にソワソワしたり緊張したりしているようには思えませんでした。

「そうだ!ノリ君の緊張を解すのに二人で一緒に風呂でもどうだ?」

私は妻とノリ君にそう言いました。

二人は一瞬、え??って表情で私を見ましたが、妻がノリ君を見て「ノリ君はこんなおばさんと一緒にお風呂なんて嫌だよね??」と少し脅しのように言いました。

「いえいえそんなことはないですよ。嫌っていうより大歓迎ですが(笑)」

「じゃぁ二人で入っておいでよ。けど二人に注文があるんだ」

私がそう言うと妻は

「どうせ変な注文でしょ?」と私に目で変な事は言わないでと訴えるようにそう言ってノリ君の隣に座りました。

「私の前で先にノリ君が素っ裸になって、そして妻を脱がせてから風呂へ行って欲しいんだ」

「マジ??そんなの恥ずかしいよね?ノリ君?」妻はノリ君の顔を覗き込むように見てそう言うと

「わかりました。ご主人の言うとおりにします」

妻はそういうノリ君に少し驚いていましたが、妻の横で早速上着を脱ぎジーンズを脱いでトランクスまで脱ぎ出すノリ君をマジマジと見て、時々私の方をチラチラと見るのがわかりました。

ノリ君が素っ裸になって妻の前に向き

「さぁ?今度は○○○さんの番ですよ」といい妻の手を取り立たせて上着のボタンをはずし出しました。

「えぇ?恥ずかしいよぉ?自分で脱ぐからさぁ?やめてお願い!」と身体をクネクネとさす妻に

「ダメですよ!ご主人の命令ですから!」そう言って今度は嫌がる妻のスカートのホックをはずそうとします。

妻のスカートのホックをはずし、ファスナーを下ろすと妻の足元へニットのミニスカートが落ちました。

黒のパンスト越しに黒いレースで覆われ白い刺繍の花が施された下着が現れた瞬間、今までだらんと垂れ下がっていたノリ君のモノが頭を持ち上げ出しました。

「おお!!ノリ君立ってきたな!」と私が言うと妻は今までノリ君の変化した部分をチラチラ見ていたのに、目をそらすように天井を見つめました。

「おいおいママ。今まで見ていたのにどうして目をそらすんだよ?(笑)」

「え?何のこと?」

「ママは白々しいなぁ?ノリ君の大きくなってきたじゃないか?見てたよね?」

「もぉ?変なこといわないでよ」

そんな妻をノリ君はなにもしゃべらずに黙々と妻を脱がせて行きます。

妻の着ていた黒のキャミソールを脱がすと下とお揃いの黒のレース地に白い花の刺繍の施されたブラジャーを少し眺めてからホックをはずし妻の両腕からブラジャーを抜き去りました。

それほど大きくない、歳の割にはまだ形のいい妻の乳房がノリ君に目の前に晒されました。

そして今度はとても恥ずかしがる妻を無理やり押さえ込んで黒のパンストから抜き去り、Tバックだった下着も妻のから抜き去りました。

妻は恥ずかしそうに右腕で胸を隠し、左手で少し手入れした陰毛部分を隔してしまいました。

「ノリ君?妻を脱がせてどうかな?」ノリ君は私がそう言うと私の方へと振り返り

「○○○さんとても素敵ですね」そう言ってまた妻の方へ向き直り妻を見つめました。

「ノリ君 妻は今君が脱がせた下着を君のために買って身に着けてきたんだよ?」

「え?そうなんですか?嬉しいな。とてもエッチぽくっていいですよ。○○○さんに良く似合ってます」

ソファーに置かれた妻の下着に目をやるノリ君に

「手にとって好きにしていいんだよ?いや、好きにして妻に見せてやって欲しいんだ」

「わかりました」

そう言ってノリ君は妻のソファーに置かれた妻のTバックを手にして妻の目の前で厭らしい愛液が付着しているであろう部分をマジマジと見つめてまら目を閉じて自分の鼻へと。

「やめて!ノリ君・・・汚いから・・・」

妻はノリ君の手から自分の下着を奪おうとしますが、ノリ君はそれを拒みそして左手で今度は妻のブラジャーを手に取り自分の固くなったモノに巻き付けるのでした。

妻は以前にも見た光景でしたが、今度は以前とは違ってその場に崩れ落ちノリ君を見ていました。

ノリ君は今度はブラジャーを鼻に持っていき、黒のTバックを自分のモノに巻き付けて擦りはじめました。

「○○○さんのいい匂いがしますよ」

「いや・・・やめて・・・そんなこと・・・」

「ママノリ君の物を自分の履いていたTバックで扱いてあげなさい」

私がそう言うと妻はまるでノリ君のモノに引き寄せられるように自分で自分のTバックを持ちノリ君のモノを扱き始めました。

「気持ちいい?」

ノリ君を見ながらそう言う妻に

「はい・・・気持ちいいです・・・」とノリ君妻を見てそう言った後に私の方も見ました。

妻が興奮しているのも私にはよくわかりました。そんな妻に

「ママ?ママは濡れてるんだろ?」

私の問いかけに素直に自分の指で確かめる妻に私は少しビックリしました。

「パパ・・・濡れてるかも・・・」

「そうなんだ。ママはノリ君のを見て興奮してるんだろ?」

「そんなこと・・・聞かないで・・・パパ・・・」

「じゃぁ俺はお風呂を貯めてくるからしばらくノリ君のを扱いてあげて」

私はそう言って風呂場へおを張りにいきました。

風呂の栓をして蛇口をひねり熱いを勢い良く出して二人のいるところへ戻ると私は驚きました。

妻はノリ君のモノを愛しそうに自分の口に含み、そして袋を手で優しく撫でるように愛撫していました。

ノリ君は気持ち良さそうな表情をして目を閉じています。

何も言わずにそのまま二人の近くに私は腰を降ろしてその光景を見つめました。

妻は私の存在など無視するかのようにノリ君の手を取り、まだも溜まっていない風呂場へと向いました。

二人が風呂場へと向かって直ぐに妻の悩ましい声が響いて私の耳に飛び込んで来ました。

「ノリ君すごぉ?く硬い・・・」

「あぁ?ん これ気持ちよさそぉ?」

「ダメですよ・・・ご主人に怒られちゃいますよ」

二人の会話を聞いて私は二人のいる風呂場へと自分も服を脱ぎ行きました。

ドアを開けると激しく厭らしいン音をたてながらノリ君のモノをしゃぶる妻の姿は、私が今まで見た中でも一番かと思うほど悩ましい妻でした。

「ご主人すみません・・・」

「いいんだよ。ママ!興奮してるのか!」

「パパ??!これ欲しいのぉ?」

「これってなんだ?」

「ノリ君のお○ん○ん??」

妻は叫ぶように私を見てそう言いました。

「お○ん○んじゃないだろ?」

「いやぁ?そんなこといえない・・・」

「じゃぁ入れるのはダメだ!ノリ君!妻に言わせてやってくれ!」

「わかりました。○○○さん?僕の何が欲しいの?」

「お○ん○ん・・・・」

「違うでしょ?」

「これ・・・」

「これって?何?」

「言えない・・・許して・・・」

「じゃぁ上げない」

「やだ・・・欲しい・・・」

「じゃぁ言ってごらん?」

「・・・チ○ポ・・・」

「チ○ポ?」

「うん。ノリ君のチ○ポ・・・」

「どんなチ○ポ?」

「硬くって・・・」

「硬くって?」

「硬くって厭らしい・・・チ○ポ・・・」

「厭らしいの?」

「うん・・・厭らしいの・・・硬くなって可愛そうな程、先っぽから出てる厭らしい・・・チ○ポ・・・」

「何が出てるの?」

「・・・我慢汁・・・」

「ノリ君入れてやってくれないか?」

私がそう言うとノリ君は妻を立たせて後ろを向かせ、そのまま一気に挿入しました。

ノリ君のモノが妻を押し広げくわえ込んだ瞬間に

「あぁ??凄い??気持ちいぃ? パパ??気持ちいい・・・」

私は妻の前に行き自分のモノを妻の顔へと持って行きました。

「ママ これとノリ君のとどっちが気持ちいいんだ?」

「あぁ??ん そんなこといえない・・・」

ノリ君は私と妻との会話を聞き妻をより一層激しく突き上げます。

「あぁ???こわれちゃうぅ??パパ???気持ちいいのぉ??」

「これは欲しくないのか?」

私は自分の硬くなったモノを妻の前にもって行きました。

「どっちも欲しいのぉ?? あぁ??許して!! ダメ??逝っちゃう??」

「どっちが気持ちいいんだ!!」

私は激しい嫉妬と興奮のあまり、妻の髪の毛を鷲づかみにして荒々しく聞きました。

「あぁ??ん ゆるしてぇ?? パパ?? 言えない??」

「言うんだ!!」

「あぁ??いくぅ??? パパ??だめぇ??!!」

「どっちなんだ!!!」

ノリ君が凄い勢いで妻を攻めます。

「あぁ?? パパ??ごめんなさい?? ノリ君の!! ノリ君のがいいぃ??!!! あぁ???いくぅ???!!!」

妻がそう叫んだ瞬間にノリ君のモノを自分の中から押し出し、そして同時にビュッっと大きな音とともに風呂場のタイルに勢い良く飛び散る潮を噴かせて上り詰めました。

ノリ君は抜けた自分のモノをもう一度妻の中に入れピストン運動を始めます。

「やめてぇ?変になっちゃう?? また頭が真っ白になるのぉ???」

そんな叫ぶように言う妻を見て、私の興奮は極限へと達しその場で射精してしまいました。

「あぁ??ん? パパ??!! パパは私を見て逝ってくれたのぉ?? もっと見て??私のエッチな姿??」

妻はまるで別人のような目をして私にそう言うのでした。

「見てるよママ 凄く厭らしいね。そんなにいいのか?」

「う??ん いいのぉ??? 凄くいいのぉ?? あぁ???変になっちゃう??」

ノリ君はまた妻を激しく攻めます。

「あぁ??またきちゃうぅ??? ウグゥ??ダメ???」

いつもなら射精した瞬間に興奮が一気に冷める私でしたが、妻のその姿を目にしてまたもや興奮が襲って来ました。

自分でもビックリするほどに元気のなかった愚息がまたもや大きくなり始めました。

そして歓喜の声を叫ぶように上げながら何度も何度も逝く妻の姿は今まで見たこともなかった姿でした。

それは淫らであっても綺麗で、とても愛しく思える妻の姿ではありましたが、妻の身体はドンドンと変化していくのでした。

妻が何度目かの絶頂を迎えようとしているとき妻の口から

「ノリ君お願い・・・逝って・・・お願い・・もうダメ・・・」

妻は荒々しく息をしながらノリ君にそう言いました。

「逝ってもいいですか?」

「うん・・・あぁ??一緒に来てぇ??お願いぃ??もぉダメ???」

ノリ君が最後の力を振り絞るかのように激しく妻を突き上げ、そして目を白黒させるかのように声も上げなくなった妻を見ながらノリ君の口から

「逝くーーー!!」と叫ぶような声が発せられました。

それと同時に何度も何度も痙攣する妻を見て、私は自分の知る妻ではないような気がするほどでした。

ノリ君はそのまま妻の上に倒れ込むようになり妻の唇に自分の唇を重ねました。

私がいるのに妻とノリ君はそのまま抱き合い、ゴムをはめてはいるものの妻の中に挿入したまま何度も何度も音を立てながらの激しいキスでした。

キスをしながらも妻の口からは、悩ましい声が漏れていました。

私ですら今までそのようなキスを交わしたこともないような妻の求めるようなキスに、私は妻を疑うと言う気持ちより自分自身が情けない気持ちに襲われ、そして興奮が冷めて行きました。

寛大な気持ちと妻を信じる気持ちがないと、このような遊びはしてはいけないものと前回のことで解ってはいるものの、目の前の二人の激しいキスは、私にとってはどうしようもない気持ちにされました。

ようやく妻とノリ君が二人の世界から私に気が付いた頃には私の愚息は小さくなって、情けないモノになっていました。

「パパ?どうしたの?」

妻が私の異変に気が付き声を掛けてきました。

「ううん。大丈夫だよ あまりに二人のキスが激しかったから・・・」

妻は私に近づき

「パパごめんね。辛かった?」そう言って私を抱きしめてキスをし、そっと私の小さくなったモノへと優しくそっと手を伸ばし袋から竿へと撫でるような愛撫をしてくれました。

それを見たノリ君は気を使ったのか私達に風呂へ行くと告げ風呂場へと行来ました。

「パパ?いじけてたでしょ?」

私の顔を覗き込みながら優しく私のモノを撫でるよう愛撫しながら妻がそう言いました。

「いじけてないよ。ただあんなキスをママとしたことないなぁ?って思ってた」

「そうだね・・・自分でも不思議なくらいだった・・・」

「そっかぁ? けど俺は大丈夫だよ」

「うん。パパごめんね。ノリ君がパパより好きとかじゃないからね絶対に」

「わかってるよ」

妻にそうは言ったものの私の中ではひょっとすると私では妻を感じさせてやることが無理なのではと思ってしまう私でした。

自分のモノに自身がないのではなく、私とのセックスは今まで何だったのか・・・そんな思いでした。

ノリ君が風呂から出て来ると妻が今度は風呂へと向いました。

「妻はどうだった?」

「よかったです。○○○さん凄く敏感ですよね?」

「いやぁ?あんな妻を見たのは始めてだよ」

「そうなんですか?いつもあんなに激しいのかと思ってました」

「いつもはあんなに乱れないよ・・・」

「奥さんが出てこられる前に此処から退散しましょうか?お二人だけで過ごされた方がいいのでは?」

「申し訳ないがそうしてくれるかな?ノリ君がよければ」

「ええ私は全然かまいません。ただお二人の関係がこのことによってギクシャクしては申し訳ないので」

「それは大丈夫さ。気にしないでいいよ」

「そうですか。では○○○さんによろしくです」

「すまないね。また連絡させますよ」

ノリ君は私達に気を使ってホテルを後にしました。

「あれ?ノリ君は?」

バスタオルを巻いて出てきた妻はノリ君を探すように私にそう言いました。

「あぁ先に帰ったよ。俺達に気を使ってくれて」

「そうなんだ・・・きっとパパが少し変だったからだよ」

「そうかな?」

「そうだって。パパ本当に変だったもの」

「だってさぁ?二人共終わったのに激しいキスしてるからさぁ?」

「パパ?ヤキモチやいてるの?(笑)」

「やいてない!」

「やいてる!」

二人でそんな会話をしながら残っていた缶ビールを開け呑みました。

「ママは何か変わった?」

「う??ん。どうかな?前よりはエッチになったかも(笑)」

「確かにエッチだな。感じ方も凄いし・・・」

「そうかなぁ??パパの方が気持ちいいよ」

「いや!それは違う!」

「違わないって!!」

「じゃぁ試すか?」

「うん。パパ抱いて」

私は妻を押し倒し身体に巻き付けているバスタオルをはずし、妻の乳首をしゃぶりながら陰部へと手を伸ばしました。

そこは未だヌルッとした感触を残しているほど潤い私の指をすんなりと向かい入れるほどでした。

妻も私の反応しだした愚息へと手を伸ばし激しく扱き出しまし、

「パパ・・・これちょうだい」そういって私を求めて来ました。

私は、先ほどのノリ君と妻との行為を思い出しながらするセックスは最高のモノでした。

「ノリ君のお○ん○んが・・・私の中でピクピク・・・してた・・・」

妻のその言葉を聞いて私は一気に射精感に襲われ妻のお腹から胸へとかけて白い淫液を飛び散らせました。

しかしそのときの妻は何度か逝ったものの、ノリ君との時のようには激しく乱れることありませんでした。



それから2日ほどして会社から家に帰った私に妻が

「明日ノリ君と逢ってもいいかな?」と突然妻から聞かれました。

「どうしてそんなに急に?」

「ノリ君と今日電話でお話したの」

「そうなんだ。で?なんて?」

「ううん。特になんでもない話だったよ。パパにも連絡あったでしょ?」

「あぁ あったよ。この間はどうもって」

「パパに電話したって言ってたから」

「ノリ君が遭おうって?」

「ううん。私が誘ったの」

「はぁ??なんで?」

「ノリ君としたくなっちゃった(笑)」

「え???したくなっちゃったって???」

「うふふ・・・セックスはスポーツです!ってよく言うでしょ(笑)」

「ママ・・・・マジで言ってるの?」

「えへへ パパビックリしてる?」

「ビックリってより・・・」

「あはは 冗談!冗談!」

「冗談なのか?」

「さぁ??どうでしょ? うふふ どっちにしてもノリ君と逢ってもいいかな?ダメ?」

「う・・・ん いいけど・・・」

「じゃぁ決定ね!!」

「けどさぁ?ママがノリ君に逢いたい理由って・・・エッチがしたいから?」

「パパったらぁ?どうしてそうなるのかなぁ???パパは心配なの?」

「いやそうじゃなくって・・・ママがどんどん変わっていくような気がして・・・」

「パパはそれが望みじゃないの?心配しなくっても私はパパが一番だよ」

妻はそうは言ってくれましたが、私の中には妻が何処かへ行ってしまうような気がしました。



ノリ君と逢う約束をした前の日の夜に妻と少し話をしました。

「ママ?もしさぁ?俺が明日行くの辞めて欲しいって言えば辞めてくれる?」

「勿論だよ。パパが嫌なら行かないよ パパは嫌なの?」

「嫌って言うより・・・ママが何処かに行ってしまうような気がして・・・」

「パパ!!それは絶対ないってば 私はパパが一番好きだよ」

「それは解ってるけど・・・」

「ノリ君としたくなったって言ったのはさぁ?その後、パパが嫉妬して無茶苦茶に抱いてくれるのが好きなの。だからだよ?」

「わかった。けどもしも本当にノリ君とのセックスだけが目的になったときは必ず言ってくれよな」

「うん。わかったよ。それはたぶんないけどね(笑)」

次の日の夕方、仕事を片付けて帰宅しようかとしている頃に妻からメールがありました。

{パパ??行ってきまぁ??す^^v}

私は会社を後にし、家路へと向かう道中にノリ君に電話をしました。

「もしもし○○です。今日は妻がお世話になるみたいで」

「いえいえこちらこそ申し訳ありません」

「まだ妻とは逢ってないですよね?」

「ええ。今待ち合わせ場所へと向かう途中ですが何か?」

「少しお願いがあるのですがいいですかね?」

「ええ。いいですよ」

「妻とのエッチの時に携帯で写真を撮って私の携帯に送ってもらいたいのですが」

「え??いいのですか?」

「ええ 妻に撮らせて欲しいと言ってもらい妻がOKすればですが」

「○○○さんが嫌だと言えば撮らなくてもいいんですね?」

「ええ勿論です。けどなんとか説得して撮ってもらいたいのですが。たとえば挿入前に撮らせてくれなければ入れてあげないなんて言って」

「解りました・・・それより○○さんいいのですか?本当にこんな関係を続けさせていただいても」

「自分でもよくわかんないんですよ。けど嫌ならきっちりとお断りします」

「わかりました。必ず言ってくださいね。では」

私は家に帰り妻の用意してくれた夕飯をあてにビールを呑んでいるときに携帯にメールの着信音が鳴りました。

携帯を手に取り確認するとそれは妻からのメールでした。

{今ノリ君と食事してます。パパが嫌なら食事だけで帰るよ?}

私は慣れない手つきで妻にメールを送り返しました。

{ママが食事だけでもいいのなら帰ってくればいいよ。無理にしてこなくってもすでにパパは興奮気味です}

そうメールを送り返しても妻からの返事は待てども待てどもありませんでした。

なぜ返事が帰ってこないのか・・・やはり妻はノリ君としたいのか・・・それともメールの返事がないのは食事だけで帰って来るということなのか・・・

私は落ち着くことはできませんでした。

どこかで「ただいまぁ?」と帰ってくる妻に期待しながら待ちました。

しかし期待とは裏腹に12時を過ぎても妻が帰って来ることはありませんでした。

やはり今日はノリ君としてくるんだなと確信したとき私の中でムラムラといつもの嫉妬と興奮が襲ってきました。

先ほどまでの不安な気持ちが何処かへ飛んでいってしまったかのように。

子供達が自分の部屋へと行ってから私はおもむろに自分の愚息に手を伸ばし以前にノリ君に抱かれたときの妻をダブらせて今の妻の様子を一人想像してしまうのでした。

妻の帰りを待ちながら今ごろ妻は・・・と想像するこのときが私にとって一番の興奮のときなのかもしれません。

妻はノリ君の肉棒で突き上げられ、何度も何度も歓喜の声をあげながら・・・と想像するたびに私の愚息はビンビンになっていき若い頃のように先からは我慢汁がドンドンとあふれ出して来るのでした。

そんなときに私の携帯にメールの着信音が・・・・

妻からの帰るメールかと思い携帯を見るとそれはノリ君からのメールでした。

{○○○さんに送っていくと言ったのですが一人で大丈夫といわれたもので・・・しばらくするとお帰りになられると思います。例の件ですがうまく行きました。直ぐに送りましょうか?}

私は直ぐに返事をしました。

{そうでしたか・・・妻は了承したのですね・・・よければ送っていただけますか?}

5分ほどしてノリ君からメールが届き{全部で5枚とりました。とりあえず送ります}と書かれてあり添付された写真をダウンロードしました。

その間何秒かのことでしたが、私の心臓は張り裂けそうなくらいの鼓動を打っていました。

ゆっくりとダウンロードされた写真を携帯で上から順番にスクロールしていくと1枚目は妻が全裸で恥ずかしそうに照れ笑いしながら、恥毛部分を手で押さえている写真でした。

2枚目は上半身が写っていて妻が歓喜の声を上げているのが感じ取れるほど悩ましい顔の妻の表情の写真でした。

3枚目はノリ君の肉棒が白く妻の淫液で汚れながら妻の淫穴へと挿入されている写真でした。

4枚目は妻がノリ君の上に乗って腰を振りまくっているのか下からのアングルで長い髪を振り乱し、ノリ君の左手で胸を揉まれ、携帯を見つめ眉間にシワを寄せ感じる仕草の妻の姿でした。

そして5枚目はノリ君の肉棒を口に咥えながら愛しそうな眼差しで見つめる妻の口元にはノリ君から放出された白い淫汁が漏れ、妻の首筋や髪の毛にもそれが飛んでいるのがわかる写真でした。

私は5枚目の写真を見た瞬間、私の愚息からも夥しい程の白い淫汁が何度も何度も脈を打ちながら放出され、いつもより長い射精感が私を襲いました。

ソファーにもたれて子供達がいつ降りてくるかも知れない状況なのに、私はそのままの姿で方針状態になり、ただ天井を見つめるだけでした。

どれほどの時間が経ったのかわかりませんでしたが

「ただいま・・・」と妻が小さな声で言いながら玄関のドアを開け帰って来ました。

射精したままの姿でボォ?ッとしている私を見て妻が

「パパ・・ただいま・・・ごめんね」

そういって私のおでこにキスをしてくれました。

妻は何も言わずにタオルを濡らしてきて、私のそこらに飛び散った白い淫汁を綺麗に拭いてくれ、私の傍から離れませんでした。

そんな妻のスカートの中に手を入れるとあるはずの下着がありませんでした。

「ノリ君にパンツあげたのか?」と私が聞くと妻は何も答えずに私の頭を強く抱きしめ、そして激しく私の唇にキスをしてくるのでした。

私にキスをする妻をそっと見てみると、その目からは涙が頬に一滴こぼれ落ちて行くのが私の目に映し出されていました。

「ママどうしたの?何かあった?」

「ううん何もないよ・・・」

「じゃぁどうして泣くの?」

「・・・・・・」

妻は俯いたまま、しばらく何も言わずに唇をかみ締めるように大粒の涙を流し俯いた顔を上げ私に言いました。

「私にもよくわかんないんだけど・・・帰って来てパパを見ていると涙が出てきちゃったの・・・」

「だからどうして?俺の情けない姿見たからか?」

「ううん・・・違う・・・もしもね私とパパが逆の立場なら私はパパと同じように待っていれたかなって考えると涙が出てきたの」

「ママは逆の立場ならどうだった?」

「私はきっと耐えられない・・・今でもパパと他の人がって考えると嫌だもん」

「俺は単に変な性癖があるだけだよ」

「変なの?私はパパがどんな気持ちで私のことを待っててくれたかって思うと・・・それなのに私は・・・」

「いいじゃないか俺がそうして欲しいんだから」

「私ねパパにセックスはスポーツですって言ったでしょ?」

「あぁ ママからそんな言葉が出るなんて思いもしなかったからビックリしたよ」

「けどね私にはやっぱりスポーツには思えない・・・ノリ君のことを愛してるとかじゃないよ。けどね私はその時はノリ君を好きになってるの・・・」

「また好きになったのか?」

「ううんそんなのじゃない・・・ノリ君に会ってるときにパパのこと忘れてる・・・そして抱いて欲しいって思ってしまうの・・・」

その言葉を聞いて私は妻を抱きしめ、妻の頭の天辺からの指先まで妻の全てを自分の手と唇を使いこれは俺のものだと何度も何度も自分に言い聞かせるように愛撫しました。

妻はそんな私に何度も何度も

「パパ・・・ごめんね・・・」

その言葉だけを繰り返しました。



妻の唇にキスしては

「ここにキスされたのか?」と尋ね、胸を揉みそして乳首を舌先で転がししゃぶりつくようにしながら

「ここもこんな風にされたのか?」と。

そして陰部に指を挿入して

「ここに俺以外のモノを入れたのか?」と全ての部分に愛撫しながらそう聞く私に妻はそっと目を閉じたまま頷くのでした。

妻が頷くたびに私の興奮と嫉妬は叫びたくなるほどのなんとも例え様の無いモノでした。

そんな私に妻は

「パパお願い入れて・・・」と私に催促するように言いますが私が

「ノリ君にもそんな風に言ったのか?」と聞くと

「パパお願い入れて!」と先程より荒らしく息をしながらそう言います。

「言ったのか?」

「わかんない・・・」

「言ったんだろ?どうなんだ?」

「言ったよ・・・」

私はこれ以上動けない程腰を振り妻の陰部目掛けて自分の愚息を出し入れします。

「パパ許して!お願い・・・」

「もっと激しく突かれたのか?どうなんだ!!」

「わかんないよ・・・あぁ?んパパ許して」

「どっちが激しいんだ?」

「わかんない!!! パパ!!!逝っちゃうよぉ???」

妻のその言葉を聞いて私は妻の陰部から自分の愚息を抜きました。

「いやぁ???ん パパ抜いちゃいやぁ??」

「どうなんだ?俺より激しいのか?」

「お願い頂戴!!パパ??お願い!!」

妻は叫ぶように私の目を見てそう言いました。

「どっちなんだ?俺のより良かったのか?正直に言わないと入れないぞ!」

「パパお願いここに入れてぇ??言うから入れてお願い!!!!!」

「入れてやるから言うんだぞ!!」

「言うから???入れてぇ???パパの入れてぇ???」

私はゆっくりと先だけを妻の陰部へとあてがい奥へとは入れませんでした。

妻は自分で腰をクネクネさせながら私の愚息を自分で入れようとします。

「ママ?どっちがいいんだ?言わないとこれ以上は」

「あぁ??ん パパ???ごめんなさい???ノリ君のがいいの!!!」

私は一気に自分の愚息を妻の子宮目掛けて腰を突き上げました。

「いくぅぅぅぅぅ????」

妻は必死に声を押し殺しながら私の愚息を押し出すように全身に力を入れをつっぱりながら一気に登り詰めました。

私はそれでも妻を突き続け

「何回も逝ったのか?今みたいにいったのか?」と聞くと

「うん あぁ??ん 何回もノリ君に逝かされた????」

「逝くって言いながら逝ったのか?」

「うん 何度も言ったそしていっぱい逝っちゃった!!!」

妻の口から発せられる言葉に興奮し、そして自分の目の前に居る妻の姿を見て一番身近に感じる妻が私以外の男に同じ姿を晒したのかと思うと私にも絶頂が訪れました。

「ママ逝くぞ!!」

私はそう言い妻の中で果てました。

その絶頂は今まで経験したことの無いくらいの激しい射精でした。

妻の中で私は今までに経験したことの無いほどの長い射精感の余韻にひたりながら妻を抱きしめていました。

「ママは俺以外に抱かれると感じるんだね」

「どうなんだろ・・・よくわかんないよ」

「俺とするとき以上に興奮してるんだろ?」

「う?ん・・・興奮するってより恥ずかしいかな」

「恥ずかしいだけ?」

「・・・ドキドキはするかも」

「ドキドキか・・・」

「うん。ドキドキはするよ」

「ノリ君とまた逢いたい?」

「パパが嫌なら逢わないよ?」

「逢いたいとは思うんだ?」

「逢いたいくないとは思わない・・・」

「好きなのか?」

「嫌いじゃないよ。けどパパを好きなのとは違うかな」

「わかるような・・・よくわからないような・・・」

「好意はもってるよ。けど愛してはいないってことなの!わかりなさい!!(笑)」

妻とそんな会話をして私自身には妻の心の中を理解できるようなできないような複雑な気持ちでした。

ただ妻はセックスの快楽を求めるだけにノリ君と逢っているのではないってことだけは理解していました。

それがいいのか悪いのかはわかりませんが、以前のように私が妻を信じなくなれば、またお互いの間に溝が出来ることは間違いのないことはわかっていました。



それからの妻は特に変わった様子もなくいつもと変わらない妻でした。

「ノリ君とは連絡はしてないのか?」と妻に尋ねると

「メールは時々してるよ」

「そうなんだ。怪しいメールか?(笑)」

「気になるの?(笑)」

「そりゃ気になるさ」

「時々ね ノリ君から今日はどんな下着ですか?ってメールが来る(笑)」

「え??そうなの?それでまさか写真でも送ってるのか?」

「あははは パパったらぁ?そんなことしてないよ。せいぜい今日は黒ですよって返事するくらいだよ(笑)」

「そっか(笑)まぁ写真撮って送っても別に構わないんだけど」

「送りません(笑)」

「それよりさぁ?ママがノリ君にあげたママのパンツどうしてるんだろ?」

「さぁ?どうしてるんだろね?捨ててるんじゃない?」

「今度聞いてみようかな」

次の日私はそのことが気になりノリ君に電話を入れてみました。

ノリ君から聞いてみると未だに部屋にあって妻のことを思い出しながらおかずにしているとのことでした。

妻が毎日どんな下着を身に着けているのかが気になるようで毎日想像をしている完全な下着フェチだと本人が言っていました。

妻にそのことを話してみると嫌がるかと思っていたのですが、以外と妻の反応は嫌がるどころか反対にドキドキしているように思えました。

しばらくして私の携帯にノリ君から連絡がありました。

「突然の電話すみません。この間電話をいただいてからずっとお願いしたいと思ってまして」

「どんなことなんだい?」

「ええ こんなことお願いするのはどうかと思うのですが○○さんならお願いできるかと思いまして」

「俺ならって?妻としたくなったのかな?」

「○○○さんとはいつでもしたいって思ってますよ(笑)そうじゃなくって・・・」

「ん?そうじゃなくってというと?」

「一度○○○さんのお宅にお伺いしたくって・・・」

「うちに?どうして?」

「ええ ○○○さんの生活しているところが・・・」

「生活してるところ?妻の普段が気になるの?」

「・・・○○○さんの下着が入っているところを見たくって・・・」

「はぁ????」

「すみません・・・どうしても見たくって・・・」

「妻に頼めばいいんじゃない?」

「そんなこと変態みたいで頼めないですよ・・・」

「いやぁ?十分今までも変態だよ(笑)」

「ええ確かにそうなんですが・・・」

「わかったよ一度考えてみるよ」

「そうですか!よろしくお願いします」

私にはそれほどまで妻の下着に執着するノリ君の気持ちは理解できませんでしたが、何か面白そうな気がして子供達がいない日を選びノリ君を我が家に呼ぶことにしました。

当然妻もいない方が楽しめるのではと・・・・

土日は殆ど子供達は午前中には出かけて夕方か夜までは家には帰って来ないもので、妻の方は買い物に出かけるくらいのものでした。

私は直ぐにノリ君に電話を入れ、私の計画をノリ君に伝えました。

ノリ君の方は少し不安がってはいましたが、私の計画に協力してくれることを約束してくれました。



当日いつものように子供達は朝から出かけて行きました。

妻の方もいつものようにジーンズ姿で洗濯と掃除で忙しく一人のんびりテレビを見る私の前をバタバタと忙しそうに行ったりきたりしていました。

「ママ?今日は買いもには出かけるの?」

「え?どうして?何かいるものでもあるの?」

「あぁ もし行くんだったら最近歳なのかどうも仕事してても寒くってさぁ?」

「パパも歳だねぇ?(笑)スーツの下に着るものでいいの?」

「パッチじゃなくってさぁ?」

「あぁヒートテックみたいな奴ね?」

「そうそう会社の奴ら結構履いているんだよ」

「わかったわ昼から見てきてあげるよ」

「頼むよ あ!それから俺も今日昼から久しぶりにパチンコでも行ってくるからゆっくり買い物へ行ってくればいいよ」

「えぇ?パチンコ行くの?お小遣い無くなってもしらないからね(笑)」

「わかりました!」

妻はいつも以上に掃除を丁寧にしていたので、ノリ君に1時と伝えていたのですが時間を2時くらいにして欲しいと妻には煙草を買いに行くと伝え外でノリ君に連絡を入れました。

家へ戻ってくると妻は昼食の用意をしていました。

二人で昼食を摂り、妻が後片付けをすましいつものように出かける前にシャワーを浴びて化粧をして出かけて行きました。

ノリ君から連絡があったのは2時を少し過ぎた頃でした。

私は近くまでノリ君を迎えに行き近くのコインパーキングまで案内して、そこにノリ君の車を止めて私の家へと案内しました。

我が家へ来たノリ君はさすがに緊張気味でした。

「ノリ君緊張してるなぁ?(笑)」私がそう言うと

「ええ・・・この後のこともあるので少しドキドキしちゃってます」

「あははは そうなんだ?うまくいくといいんだがね(笑)」

「大丈夫ですかね?」

「ノリ君だから大丈夫だろ(笑)」

「もぉ?頼みますよ??」

「それより寝室に妻のタンスがあるから見てみるか?」

「いいんですか?」

「見たいんだろ?」

「ええ(照)」

「それより見てもいいけどおかずにするのはもう少し我慢してくれよ」

「はい解ってます」

私は緊張気味のノリ君を妻の寝室へと案内しました。

部屋に入るなり妻の穂のかないい香りが立ち込めて窓から冬には珍しい温かそうな日差しが差し込む中ベットには妻の着ていたジーンズとフリースが綺麗にたたんでありました。

それを見たノリ君は今から私が計画したことを想像するかのように目を押し開き、一瞬のど元をゴクリとさせたように思えました。

私自身も妻がどんな反応を示すか、またどんな行動をとるのかと想像してしまうのでした。



綺麗好きの妻らしくきっちりと整理された寝室は妻の日常を感じさせるかのようにノリ君の目に飛び込んできたでしょう。

ベットには薄紫色のベットカバーが敷かれ、その上には綺麗にたたまれた妻が脱いだであろうジーンズとフリースが置かれ、窓の横にはいつも妻が化粧をするドレッサーがあり、その横には妻のクローゼットがありました。

「あそこが妻のクローゼットだよドアを開けると小さなタンスがあるから、その中に妻の下着が入っているよ」

ノリ君にそう言うとノリ君は寝室の全てを見るかのように部屋を見渡し、私が教えたクローゼットのドアを見つめながら何度も頷きました。

「妻は2時間くらいは帰ってこないと思うよ。しばらく我慢して妻が戻って来る頃に楽しんでくれればいいよ」

「わかりました。○○○さんはいつもここで寝てるんですよね・・・いい香りがしますよ」

「興奮するのはもう少ししてからにしてくれよ(笑)妻は必ず外出したあと着替えにこの部屋にくるから。妻がどんな反応するか楽しみだよ」

「大丈夫ですかね?本当に・・・」

「どうだろね。それはノリ君次第さ(笑)じゃぁその前に少しだけノリ君のご希望の妻の下着を見てみるか?」

私はクローゼットの扉を開け、その中の小さなタンスの一番上の引き出しを空けました。

そこには妻が身に着けている色とりどりの下着パンストなどが綺麗に整頓され置かれていました。

「どうだ?これが妻の下着全てさ」

私がノリ君にそう言うとノリ君は

「凄い・・・」その一言だけを言って妻の下着をマジマジと目を押し開け見つめてこういいました。

「やはり綺麗下着ばかりですね・・・僕がもらったモノも綺麗でしたが」

「以前はそうでもなかったんだけどね。最近はいつも綺麗下着しか身に着けなくなったよ」

「そうなんですか。最近というと?」

「あぁ俺以外の男性とするようになってから変わったよ」

「なるほどそうだったんですね。以前はそうでもなかったんですか?」

「さすがにババくさいものとかはなかったけどね。薄い色のモノばかりだったよ」

「今はとっても綺麗な色のモノばかりですよね・・・興奮してきましたよ・・・」

「あははは ノリ君は本当に下着フェチなんだね」

「はい・・・すみません」

頭をかきながら少し照れたように俯きながらそう言うノリ君でしたが、私がタンスの中から黒いレースに薄い紫の花柄の付いたパンティを手に取りノリ君に手渡すと目の輝きが変わったようでした。

「こんな下着を身に着けてるんだ・・・いやらしい・・・○○○さん・・・」

独り言のようにそう言うノリ君でしたがパンティを両手に持ち、マジマジと全体を見ていたかと思うと今度は裏返したりと色々としながら見つめていました。

「もう大きくなってるんじゃないだろな?」

「え??・・・・すみません・・・なってます」

「本当に好きなんだなぁ?(笑)」

「ええ・・・好きです・・・」

「あははは もう少し時間があるからビールでも呑むか!」

「いいですねぇ?」

妻が戻ってくるまで少しの時間があるのでリビングに戻りノリ君と二人で今からの計画の打ち合わせを兼ねてビールを呑みました。

二人でお互い求めるものは違いましたが二人共今から起こることを想像しながら興奮し妻の話題で盛り上がりました。

私は計画を確実なモノにしたい為に携帯を取り妻の携帯へと連絡を入れると何度もコールはするもののなかなか妻は電話に出ませんでした。

切ろうとしたときに妻が電話に出ました。

「はぁ?いパパ 何?」

「もぉ?なかなか電話にでないんだから。出れないような悪いことでもしてたのか?」

「バカ??!!そんなことするわけないでしょ!バックに入れてると携帯の音が聞こえにくいのよ。それより何か用?」

「あ!そうそう今からパチンコに行くけど家の鍵持って出てる?」

「ちょっと待って・・・うん。持ってるよ」

「そっか じゃぁ鍵掛けて出かけるから」

「わかった。あまりお金使うんじゃないよ。負けそうなら直ぐに帰っておいでよ?」

「わかったよ。ママはもう帰って来る?」

「パパのモノも買ったし あと食品を買ったらもう帰るよ」

「了解。少し打って当たらなかったら帰って来るよ」

「頑張ってねぇ? じゃぁねぇ?」

妻は上機嫌で電話を切りました。

「さてと妻は1時間くらいで帰ってくるよ。残りのビールを呑んで俺たちも計画を実行するか!」

私が妻に釣られて機嫌良く言うとノリ君は笑いながら

「仲の良いご夫婦ですね」と私をからかうような仕草を見せました。

30分ほどして二人で計画した通り玄関の鍵を中から掛けて、ノリ君の靴と私の靴を下駄箱の上の収納庫に隠し、ノリ君と二人で寝室へと向いました。

寝室に入った私は

「じゃぁノリ君は妻の下着で好きに楽しんでくれればいいよ。俺は妻の車の音がすると何処かに隠れるから」

「わかりました・・・本当に大丈夫ですかね?」

「大丈夫だよ。ノリ君だから・・・もし妻が騒ぎだせば俺が出ていくから」

「お願いします・・・」

「じゃぁ思いっきり楽しんでくれればいいよ。俺に遠慮せずにね」

私はノリ君を寝室に残し一度リビングに戻り妻が帰って来るのを待ちました。



それから30分もしないころに我が家のガレージに車を入れる音がしたので私はそのまま寝室の隣の娘の部屋へと隠れ少し入り口のドアを開けたままにして妻の物音に聞き耳をたてました。

バタンと玄関のドアが閉まる音がしてガサガサと買い物袋が擦れるような音がして、妻が廊下を歩く足音が聞こえてきました。

あまり娘の部屋に入ることはなかったもので、娘の部屋のドアを少し開けただけでこれほどまでに1階の物音がよく聞こえるとは思いませんでした。

普段もし娘が起きていてドアを開けていればリビングでの私と妻の会話や、私の部屋で子供達が寝静まってからの夫婦の営みの音までよく聞こえていたと思います。

一瞬恥ずかしさと同様が襲いましたが、今はそんなことよりいつ妻がノリ君のいる寝室へと来るのかとドキドキして妻の様子を伺いました。

時々ガサガサと音がし、冷蔵庫のドアがバタンと閉まる音が何度がすると、しばらくして妻が階段を登って来る足音がしました。

念のために私は娘の部屋のベットの奥へと身を伏せ物音に耳を済ませました。

妻が寝室のドアを開ける音がした瞬間

「キャー!!! 何してるの!!!」

私は娘のベットの奥から立ち上がり入り口付近に移動し隣の寝室から聞こえて来る妻の声を耳を大きくして聞きました。

妻の大きな声がし、ビックリして寝室を飛び出した音が聞こえて来ました。

「ノリ君じゃないの!!!どうしてここにいるのよ!!」

妻は驚きを隠せないように大きな声で叫んでいます。

ノリ君がボソボソと何かを言っているようですが、私の所からはよく聞こえません。

「ノリ君どうしてそんなことをしているの?・・・辞めてよ・・・」

少し妻の声が小さくなり

「主人に連れてこられたの?」

「お願いだから・・・ノリ君辞めて・・・お願い・・・」

私からはノリ君の姿も妻の姿も見ることは出来ませんが、ノリ君が妻の下着を手にして下半身は露出し、きっとそれを妻の下着を使って弄っているのが想像出来ました。

またそれを目のやり場に困りながらもチラチラと見ながらノリ君と話す妻の姿が浮かびました。

「それで主人は?どこに行ったの?」

「・・・・・・」

ノリ君の声は聞こえません。

「出かけたの!!いったい何を考えているのよ!!主人ったら!!!」

妻がまた大きな声で怒ったように言うのが私に聞こえて来ました。

「○○○さん・・・すみません・・・」

微かにノリ君のそう言った言葉が聞こえました。

「誤るなら・・・もう辞めて・・・」

妻の声のトーンが弱々しくなります。

「○○○さん・・・見てください・・・」

「辞めて・・・お願いだから・・・ね?」

「・・・・・」

ノリ君が何かを言っていますが上手く聞き取れない程小さな声でした。

「こんなことダメだって・・・」

「・・・・・・・・」

ノリ君がボソボソと何か言った後

「・・・・わかったよ・・・」

妻はそう言いました。

バタン!!寝室のドアが閉まる音がしました。



妻が廊下からノリ君が自分の下着に埋もれて下半身を露にしているその中に自分の意思で入って行きました。

一気に心臓の鼓動が聞こえて来るほど激しくなり、そして喉がカラカラに成る程興奮が私を襲い、そして私の愚息に流れる血液もドンドンとそのモノを硬くするかのように流れ、私は娘の部屋をそっと出て寝室の前に立ちドアに耳をあて中の物音を聞きました。

「どうして・・・・え?・・・・辞めな・・・・」

「こんな・・・下着・・・いつも・・・・・興奮し・・・・」

「・・・ダメ!!お願い!」

「○○○さん!・・・」

「嫌!!辞めて!!主人が帰って・・・・」

「・・・・・・・・・・・・・」

「ダメだって・・・・辞めて・・・・」

「我慢できない・・・今はどんな下着・・・・」

「ノリ君!ダメだって・・・・イヤン」

時々大きくなる声しか私の耳には入って来ることはありませんでしたが、目の前で妻とノリ君がどんなことをしているのかをその声だけでドアの向こうの二人を想像する興奮は堪らないモノでした。

「・・・あぁ??ん 辞めて・・・」

妻の悩ましい声が私の耳に飛び込んで来た瞬間、私が予想した通り妻はノリ君を拒むことはせずに私に聞かれているとも知らずに快楽の渦に飲み込まれて行くのでした。

「ノリ君嫌!!辞めてったら!」

妻の本当に怒っているような大きな声が私の耳に飛び込んで来ました。

「どうしてそんなに怒るんですか?コレが欲しいんでしょ?」ドアに耳をあてて聞く私にいつものノリ君とは違った声でそう聞こえきたかと思うと

「どうしてこんな事をするのよ!ノリ君ったら・・・」

妻の方も様子が少し変わったように思える声でした。

「○○○さん 僕がいつもこんな事しているのを想像してたんでしょ?だからこの間もパンティくれたんですよね?興奮するんでしょ?僕があなたの下着オナニーしてるってことが」

ノリ君のその問いかけに妻がどう答えたのかは私には聞こえませんでした。

少しの間二人の声が聞こえなくなり、中の様子が気になって仕方のない私に次に聞こえてきたのは妻の声でした。

「辞めて・・・お願いだから・・・・」

ノリ君はいったい妻にどんなことをしているのか・・・・また妻にどんな言葉を投げかけているのか・・・

私は嫉妬よりも同様を感じ始め、二人に盗み聞きをしているのを悟られても仕方ないと思いどうしても中の様子を知りたくなり思い切って寝室のドアノブをゆっくりと下げ少しだけドアを開けました。

ほんの隙間が出来ましたが、中の様子を伺える程の隙間ではありませんでした。

「こんなに濡れてるじゃないですか。僕がオナニーするの想像していつも興奮してたんでしょ?」

「嫌・・・そんなこと言わないで・・・」

パンティまで濡れてるじゃないですか・・・いつも○○○さんが想像していたような事を今、目の前で見せてあげましょうか?」

「・・・・・・・・」

「見たいんでしょ?どうなんですか?」

「・・・・・・・・」

「見たくないとは言わないんですね?」

「見たく・・・ない・・・」

二人の声と時々ノリ君が妻の陰部を愛撫しているのかクチュクチュピチャピチャといやらしい音が聞こえ、私の興奮はどんどんと大きくなっていき、手は自然と自分の愚息をジーパンの上から擦っていました。

「ホラ○○○さん見て いつもこんな風にあなたにもらったパンティで・・・こんな風に」

「ノリ君・・・辞めて・・・」

「見てくださいよ。○○○さんのあそこがあたる所にこうして・・・」

「お願い・・・辞めて・・・」

「あぁ??いやらしいパンティだ・・・」

「ノリ君・・・これ以上は辞めて・・・」

「ご主人は戻って来ませんよ。僕が連絡するまでね・・・だから○○○さんも僕を見ながらオナニーしていいんですよ」

「・・・・・・」

妻はいったい今どんな格好にされ、そしてどんな表情でノリ君のことを見ているか・・・

「ホラ・・・凄いでしょ・・・こんなに先っぽから・・・見て○○○さん」

「嫌・・・・」

「見て!こうしてあそこのあたる所に僕のをこうして・・・」

「・・・・・・・」

「○○○さん・・・あぁ?気持ちいい・・・」

「辞めて・・・・」

「その今履いているの脱いで僕に下さいよ・・・あぁ??ホラこんなに汁が・・・」

「ノリ君・・・・そんなに・・・・」

「ねぇ?脱いで僕に渡して もっといやらしくオナニーするから・・・見たいでしょ?」

妻はノリ君が言うように自分の下着オナニーされることに興奮していたのだろうか・・・

私が思っている以上に妻自身も少し違った性癖を持っているのか・・・

私は嫉妬ではない違った意味での興奮を覚えていました。

頼む!脱いでノリ君に渡してくれ!!そんな思いさへありました。

「○○○さん・・・僕もこうして恥ずかしい姿見せているんですから・・・さぁ脱いで」

ガサガサ・・・布が擦れるような音がしました。

妻が・・・ついに脱ぐんだ!!! 強烈なな興奮が沸き起こり、今にも発射しそうな程の快感が私の下半身を襲います。

「さぁ?こっちへ持って来て ホラ!早く!」

「・・・・・・・・」

妻は何も答えませんでしたが、脱いだパンティをノリ君渡そうとしているのでしょう。

「おぉ??こんなにシミになってるじゃないですか・・・あぁ?いい匂いが・・・」

「・・・やめて・・・恥ずかしい・・・・」

「おおおお・・・・この匂い・・・最高だ・・・」

「いやん・・・ノリ君・・・やめて・・・」

「ホラ・・・○○○さんもグチョグチョになったところを・・・」

「やだぁ・・・・そんなこと・・・」

「気持ちいいですよ・・・恥ずかしがらないで・・・今は二人なんですから・・・」

「・・・あん・・・・やだ・・・・」

「そう・・・もっといつも自分でしているように・・・ホラしてみて」

「あん・・・・恥ずかしい・・・・」

妻が私も見たことの無い自分でオナニーする姿を、それも私以外の男に晒すなんて・・・

「あん・・・・ふぅ・・・・」

「いやらしい・・・・○○○さん・・・そんなことするんだ・・・」

「見ないで・・・・」

「凄いよ・・・あぁ??僕もいつもこうして○○○さんのその姿を想像して・・・」

「あぁ???ん 言わないで・・・そんな・・・こと」

「ご主人が居ないときにそうやってしてるんでしょ?」

「・・・いやん・・・お願い・・・そんなこと・・・」

「してるんでしょ?ホラ見て!! 僕もこうして・・・」

「・・・あ??ん してる・・・・」

「凄いね・・・そんな風にいつも・・・」

「いやぁ??見ないでぇ??」

妻とノリ君の声が段々大きくなってきました。

「あぁ????○○○さん 最後は○○○さんのパンティにいっぱい出すんだよ・・・」

「あぁ??ん・・・だめぇ??そんなこと」

「ホラ!! おぉ???こうして・・・・うぅ???逝きそうだよ」

「だめぇ???やめて???そんな所に・・・・」

「おぉ???逝くよぉ???あぁ????いくぅぅぅ???」

「あ?????そんなことして出すんだ???!!!あぁ??私も逝っちゃうぅ???」

「あ!あ!あ!あぁ???いくぅ???」

二人の叫ぶような声がし、そしてその後二人の荒らしい呼吸が聞こえて来ました。

妻はきっと自分でを拡げ恥ずかしい部分を丸見えにし、そして自分の恥ずかしい姿をノリ君の前で晒したのでしょう。

妻が他人と交わったとき以上の興奮で私は脳天を打たれたかのようなショックと興奮で理性を失いそうでした。

「いっぱい出たよ。ホラ○○○さんのシミの付いたいやらしいところに僕の白いのが・・・」

「あ?ん 凄い・・・ノリ君いつもこんなこと・・・」

「○○○さんもこんなことしてたんですね?」

「・・・うん・・・」

「もっと続けて まだまだ逝けるでしょ?」

「あぁ??ん 言わないで・・・そんなこと」

「ご主人が○○○さんが僕のオナニーする姿を想像していつもこんなことしてたんだって知るとどうなるでしょうね?」

「あぁぁぁぁぁん ダメそんなこと・・・言わないで・・・」

「そんなに指入れちゃって・・・エッチですよ」

「興奮する?私のこんな姿見て?」

「興奮しますよ・・・あぁ?そんなに激しくしちゃうんっですね・・・」

「そうよ・・・・あぁ??ん また逝きそう・・・」

「ご主人にその姿見せてあげたいくらいですよ」

「いわないで・・・そんなこと・・・」

「ホラ!逝って見せてくださいよ。もっと近くで見てあげますから」

「ノリ君も???私のでしてぇ??いつものようにもっともっと!!!」

「これいいですよね・・・このパンティ・・・履き古した感があるパンティ・・・」

「あぁ???想像してたの?いつも私のこと・・・」

「してましたよ・・・そしていつもこうして巻き付けたりして・・・」

「いやん・・・そんなことしてたんだ・・・」

「自分でオナニーしながら僕の咥えて大きくしてくださいよ。ホラ」

「うぐぅぅぅ・・・・」

妻がオナニーしながらノリ君のモノをしゃぶるのが解りました。

「2本も指入れて・・・いやらしい・・・・奥さんですよ」

「奥さんなんて・・・言わないで・・・」

「ホラ僕の指も入れて上げましょうか?」

チュパチュパ・・・・妻の私にしてくれるときと同じような妻の口元から発せられる音が聞こえてきます。

「あん・・・ダメ・・・・」

「あ??入っちゃいましたね」

「いやぁ???ん」

「○○○さんの指中でこんな風に動いているんだ」

「モゴモゴ・・・・チュパチュパ・・・あぁ?辞めて・・・」

目の前で起こっていることが私の目の中に入ってくるのではなく、耳から音だけが入ってくるこの状況は、私にとって想像がどんどん膨らむ例え様のない興奮でした。

妻の私が今まで知り得なかった男のオナニー姿を想像して自分で慰めていた妻を想像するのも、また違った興奮を覚えるのでした。



少しだけ開いたドアの隙間から聞こえてくる妻とノリ君の会話は聞いている私を二人でわざと興奮させるかのようなものでした。

妻はノリ君のオナニーをいつも想像して子供達も私も居ない昼間に一人で本当に自分を慰めていたのでしょう。

二人の会話でその事実が明らかになり、自分の妻でありながらノリ君と同じようにそのときの妻の姿を見たくなってしまいました。

あの妻が自分で自分を・・・そう思っただけでも身近な妻だけにより一層興奮してしまう私でした。

そんな私の興奮を一層強くさすかのようにドアの向こうの二人は乱れていくのでした。

「あぁ?ノリ君凄い・・・また大きくなってきた・・・」

「○○○さんもビチャビチャですよ。こんなに」

「やめて・・・恥ずかしいから・・・」

ドアの隙間からそんな会話が聞こえてきます。

どうしても今の二人の姿が見たい願望を止めることはできませんでした。

私は少し開いたドアを開けてしまい、二人の前に出てしまったのです。

そんな私を直ぐに気が付いたのは妻でした。

「あ!パパ・・・」

妻はノリ君の大きく反り返るモノを私が妻の目に入った瞬間に口から抜き驚いたように私にそう言いました。

「ノリ君続けてくれればいいよ」

私は妻を無視するかのようにノリ君にそう言いました。

ノリ君は自分から慌てて離れた妻の腕を引き、少し乱暴に妻の髪の毛を鷲づかみにし妻の口へと半ば無理やりに自分の肉棒を押し込みました。

妻はチラチラと私を見ながらもノリ君に無理やり入れられた肉棒を出し入れされ少し苦しそうな表情をしています。

「ママ ノリ君がオナニーするところを見て興奮したのか?」

私が妻に向かってそう言っても妻は私の目を見ることはありませんでした。

「ママは変態なんだね」

私のその言葉には妻は強く反応しノリ君に肉棒を出し入れされながらも首を横に何度も大きく振りました。

「嘘付くなよ ノリ君に自分のパンツやってどうされたかって想像して興奮してたんだろ?俺にはそんなこと一言も言ってなかったのに」

妻は必死で弁解しようとノリ君のモノを口から出そうとしますが、ノリ君に頭まで持たれ口から出すことはできないようでした。

「ノリ君のモノも大きくなったからもう一度扱いてもらって見せてまらえばどうだ?」

ノリ君は妻の口から自分のモノを出し

「○○○さん 見たいですか?」

ノリ君のモノから開放された妻は

「パパ・・・そんなこと思ってないよ・・・私は変態なんかじゃない・・・」

「そうなのか?ノリ君のオナニーしている姿想像しなかったのか?」

「・・・してない・・・・」

「嘘付け!してただろ!!」

私は声を大きくして妻にそう言いました。

「ノリ君妻のそのパンツでもう一度妻の目の前で扱けるかい?」

「ええ こんなにシミの付いた○○○さんの下着なら何発でも」

「そうか じゃぁ妻に見せてやってくれ」

今度は私が妻の背後に回り妻を後ろから抱きしめ拘束し「ママ見てごらんよ ママのエッチなパンツでノリ君があんなことしてるよ」と妻の耳元で囁きました。

妻は目を閉じて下を向いたまま見ようとはしませんでした。

「ママ見るんだよ! 目を開けて! さっきまでは見てたんだろ?」

「・・・見てないよ・・・・」

「見てただろ!!そして見ながら何をしていたんだ?」

「・・・・何も・・・・」

「何も?嘘だろ?さっきまであんなに厭らしい声出して何してたんだよ?」

「・・・聞いていたの?」

「あぁ聞いていたよ」

「パパごめんなさい・・・」

「誤ることなんてないさ」

私と妻がそう話している間もノリ君は私もビックリするほど妻のパンティだけに執着し、自分のモノを激しく扱いていました。

「ママ ノリ君エッチだな ママのパンツであんなに興奮してるよ」

「あぁ?パパそんなこと言わないで・・・」

「感じてきたのか?」

私は妻の閉じていたを少し拡げ指で妻の陰部を確認してみました。

そこは驚くほどヌルッとした感触で、まるでローションを大量に使ったようなほどでした。

「ママこんなに濡れてるなんて凄いよ」

妻の淫液はおの割れ目全てを濡らすほど流れ出ていました。

「自分で触って」

私のその言葉で妻は少し恥ずかしそうにはしていましたが、そっと自分の手を敏感になっているクリへと持って行きました。

私は妻には触れずに耳元で妻に

「もっといつも自分でしているようにしてみてよ」

そう言うと妻はを少し開いて自分の指でクリを擦りはじめました。

「いつもこんなことしてたんだね」

「パパ・・・言わないで・・・」

「してたんだろ?」

「・・・うん」

「もっともっといつも通りにしてごらん」

妻はクリを弄っていた指を今度は淫穴へと中指と人差し指を全部入れ中で指を激しく動かしだしました。

「あぁ??ん」

妻の口から悩ましい吐息が発せられました。

妻のパンティを鼻に押し付け自分のモノを扱いていたノリ君が妻と私の方に近寄ってきました。

「コレエッチでしょ?ビンビンですよ」

ノリ君がそう言って妻の目の前に自分のモノを持って行きました。

「ノリ君妻の目の前でもっと扱いてやってくれよ」

私がそう言うとノリ君は妻のパンティを巻きつけた自分のモノをこれ以上扱けないってほど激しく上下に扱きました。

妻を見て見ると眉間にシワを寄せとても悩ましい表情でノリ君のモノを見つめ自分もこれ以上開かないほどに長いをM字にし自分に中で動かせていました。

そしていきなり妻が

「ノリ君入れて!!もう我慢できないの」と私が驚くほど予想外の言葉を発し、自分からノリ君のモノを扱き始めました。

「入れていいですか?」と私を見てノリ君が言うと私は

「いいよ。妻を感じさせてやってくれ」

そう言いました。



ノリ君は妻をベットに押し倒し一気に妻の淫穴目掛けて突き刺しました。

「あぁぁぁぁぁぁ?????いいぃぃ????」

今までの妻からは信じられない声でした。

二人は以前のように私がいるのにも関わらず激しく抱き合い、そして激しくキスまで仕出しました。

勿論ノリ君はその間妻の淫穴へと激しく自分のモノを出し入れし突き上げました。

私はノリ君のモノが出入りするときに妻のビラビラがノリ君のモノを包み込み、そして妻の淫穴からアナルにかけて流れ出る少し白くなった淫液をマジマジと見ていました。

妻のアナルがキュッと閉まったかと思うとの指先までピンと固まったようになり、簡単にノリに逝かされてしまいました。

妻のうっすらと汗がにじみ出た顔は悩ましいものでした。

ドンドン厭らしくされていくわたしの妻でした。



二人のセックスは私を無視するかのように長い時間続きました。

何度も何度もノリ君の囁きにより自分の理性を失った妻はまるで別人のようでした。

私の性癖から妻に他人とのセックスを強要し、身体だけではなく心まで奪われそうになり二人の間に亀裂が入りかけましたが、なんとか元の鞘に納まり、また始め出した遊びは私の想像を遥かに超えるほど妻を淫らにして行きました。

目の前の妻はノリ君が果てた後もその性欲を収めきれずに私に迫って来ました。

「パパ?お願い・・・入れて・・・」

そう言う妻の目は私が見ても驚くような淫乱な目をして、唇を半開きにし、私を手招きするのでした。

「ママ?エッチなんだね?」と私が聞くと妻は「うん・・・私変なの・・・欲しくって欲しくって・・・」

そう言いながらソファーにもたれかかる私のジーパンを脱がせ我慢汁でヌルヌルになった今にも爆発しそうな私の愚息を手で引っ張り出し、自分からその上に乗りかかって来ました。

妻の濡れ切った部分に私の先端が触れたかと思った瞬間ヌルっとした感触が襲い私の愚息は今までノリ君のモノを飲み込んでいた部分と同じ場所に収められてしまいました。

「あぁ???ん パパ???固いよぉ??」

妻は叫ぶようにそう言うと私の顔の前に自分からビンビンに固くなった少し大きめの乳首を押し当てました。

「パパ??シャブって・・・」

妻が今まで自分からそんなことを言うことはあまりありませんでした。

私の頭を抱きかかへ激しく自分の胸へと押し当てます。

「もっと!もっとパパ!!シャブって!!!」

それほど大きくない妻の乳房ですが妻に押し当てられ息もできないほどの状態でした。

「ママ?どうしたんだよ?そんなにエッチになって」

私の問いかけにも答えずに長い薄茶色の髪を振り乱しながら私の腹へもぶつかるほど激しく腰を振り続ける妻でした。

「あぁ???ん パパ???逝っちゃう??」

バンバンと音がするほど私の腹に妻の下腹部があたり妻がそう叫んだ瞬間私の愚息の根元辺りから袋にかけて暖かいモノを感じました。

「パパ??まだ逝っちゃうの???」

そう言いながらまたすぐに妻は上り詰めた瞬間私も我慢しきれずに妻の中で大きく固くなった私の愚息は痙攣を始め、大量の淫液を妻の体内へと放出していました。

妻はそそまま後ろに倒れ込むように崩れて行きました。

「○○○さん凄いですね・・・失神したんじゃないですか?」

倒れた妻を上から覗き込むように心配そうにそう言うノリ君でした。

「こんな妻は初めて見たよ・・・・」

「すみません。僕のせいで・・・」

「いや いいんだよ妻はノリ君のおかげで殻を破ったのかもしれないよ」

ノリ君とそんな話をしていると妻が動き出し、私達を見ると慌てたようにそばにあった自分の服で身体を隠すようにして恥ずかしそうに私達言いました。

「ごめんね・・・二人共・・・」

「どうしてママが誤るんだよ。ママ綺麗だったよ」

私のその言葉で照れた妻はベットに素早く移動して布団の中に頭まで隔すようにもぐりこんでしまいました。

そんな妻に

「ママ?ベットの下にママ履いていたパンツがまだ落ちているよ。ノリ君にまたしてもらおうか?」

私が言うと妻は布団から目の辺りまでだけ出し

「ベーだ!もうダメ!!!」

そういって下をベロっとだして微笑みました。

その妻はいつもの私の妻でした。先ほどまでの別人のような淫様な仕草や姿はどこにもありませんでした。

ノリ君も微笑みながら私と妻にお礼を言って帰り支度をして布団の中から手を振る妻にニコリと微笑み部屋を出て行きました。

私一人でノリ君を玄関まで見送りに行き

「ノリ君 また妻を刺激的な世界へ連れて行ってもらっていいかな?」と言うとノリ君は

「いえいえこちらこそ、楽しませていただいていますよから」と笑顔で会釈をして玄関のドアを開け出て行きました。

妻はノリ君が自分の下着で自慰行為をすることに新たな自分の興奮を覚え、それを目の前で見せられ今まで以上に淫らな姿を私とノリ君に晒してしまったことに妻はどう感じているのか気になり妻のいる寝室に戻りました。

寝室に戻ると妻は私の大き目のパーカーを着てノリ君が散らかした自分の下着を集め整理をしていました。

「あ!パパ」と私が入ってきたことに驚いたようにそういい私と目が合った瞬間ポッと顔が赤くなり、手に持っていた自分の下着数枚を後ろに隔すようにしました。

「ママ隠すことないだろ?」

「え??だって・・・・」

「だって?どうしたんだよ?」

「だって・・・汚れてるんだもん・・・」

「汚れてる?どうして?」

「パパ!! どうしてそんな意地悪するのよ!!」

「あははは ごめん ごめん しかしさっきのママ凄かったなぁ?」

「もぉ?パパ そんなこと今言わないの!! もう知らない!!」

妻はそう言ってノリ君の我慢汁やノリ君が発射した精液のついた自分の下着を持って部屋を出て行きました。

妻が出て行きしばらくしてから妻の後を追うように寝室から出て妻を見に行きました。

妻は洗濯機に自分の下着を放り込み少しボォ?っとしていたかと思うと私のパーカーを脱ぎ捨て風呂場へと入って行きました。

私も直ぐに着ていたモノを脱ぎ風呂場へと入りました。

シャワーを頭から浴びていた妻を後ろから抱きしめ妻の耳元で

「興奮したのか?」と優しく言うとコクリとたた頷くだけの妻でした。

妻の首筋にキスをしながら

「ノリ君のオナニー見たのか?」の問いかけにもコクリと頷くだけの妻。

「ママはノリ君がオナニーしているところ想像して自分で・・」と言う私の口を塞ぐように妻は激しくキスをして来ました。

そして

「パパ言わないで・・・恥ずかしいから・・・」

私の目を見ながらそう言うと妻は目を閉じてもう一度私の唇に激しくキスして来ました。

私の元気のない愚息を優しく手で振れ、そして優しく上下にゆっくりと扱き始めました。

「ノリ君のオナニー凄かったのか?」

「あぁ・・・・言わないで・・・」

「思い出してごらん?」

「パパ・・・思い出すと・・・またエッチになっちゃう・・」

「いいさエッチになれば」

妻の陰部にそっと手を這わすと先ほど私が妻の中に放出した残りがドロっと妻の陰部からあふれ出し、先ほどと変わらないくらいにそこはビショビショに濡れていました。

「ノリ君にどんなこと言われてたんだ?」

「あぁぁぁ?お願い言わないで・・・」

「教えてくれよ・・・あぁママ ビンビンになってきたよ」

「パパ?凄い・・・またこんなに大きくして・・・」

「ママがエッチだから・・・」

「パパは興奮する?私がエッチだと」

「するさ さっき出したばかりなのにこんなになってるから」

「ノリ君・・・私の匂い好きなんだって・・・」

「そんなこと言ってたのか?」

「うん・・・ずっと匂い嗅いでいたいって・・・」

「あぁ・・・ママ・・・」

「私の下着の中にいっぱい出したよ・・・パパの私の下着で・・・」

「うぅ・・・・ママ入れるよ」

「うん。入れて・・・ノリ君もねいつも私の中に入れたいって思って自分でしてるんだって・・・」

「あぁ・・・ママ」

私は妻の私の性癖を沸きたてるような言葉に嫉妬し、そして興奮し妻を激しく突きました。

「パパ??ノリ君はもっともっと凄いの」

「ホラ 今パパの入っているところに・・・あぁ??ん逝きそう」

私はノリ君に負けじと妻を激しく後ろから突き上げます。

「あぁ???パパ???ノリ君 私が自分でしてるところ見せてって・・・」

「見せてたよな あぁ??ママ 見せたんだよな!!」

「うん 見せたぁ?? ノリ君ったら私見ながら あぁ???扱くのぉ??アァ??パパ???いくぅ???」

妻の逝くのと同時に私も妻の中に熱い淫液を撒き散らせました。

これを機会に妻は今以上に私の想像以上に淫らな女になっていくのでした。