エッチな体験談 人妻、不倫

人妻、不倫、夫婦ネタのエッチな話、体験告白集です

2016年11月

【人妻】調教された人妻(7)【エッチな体験談 人妻、不倫】

さっそくモトダに電話する。
「今日、昼間いないけど・・・どうする?」
「ホントに?うれしいな。迎えに行くよ」
「ここになんか来ないでよ。電車で出て次の駅で待ってるから」

私を乗せたモトダはしばらく走ったが、急に路地裏に停まり、私を抱きしめキスを交わす。
「二週間も逢えないなんて・・・おかしくなりそうだった」
「私と長く付き合いたいならこれくらいのこと、我慢してよ・・・」
「それより・・・ユキを抱きたい・・・行こうよ」
「・・・・きれいなところじゃないといやだからね」
コンビニでビールや食料を買って、そのままでラブホテルへ・・・

私のリクエストどおり露天風呂付きのきれいなお部屋へチェックイン。
「ユキ・・・会いたかった・・・」続きを読む

【人妻】調教された人妻(5)【エッチな体験談 人妻、不倫】

「ちゃんと言いつけ守ってるかな・・・」
シノムラがシャツの下で揺れる乳房をつかんで軽く揉む・・・
「あん・・・だめよ・・・」
「いい子だ・・・もっといい子になれるかな・・・」
力なくうなずいて横になり、何も着けていないスカートの奥をシノムラに見せる・・・
「すごいぞ・・・ユキ・・・とってもいい子だ・・・さっそくいただくよ・・・」

事務所での交わりが寝室に変わったことで、より激しく濃厚なセックスを強要されるようになってしまった・・・

シノムラの話はひとまず置いといて(笑)
というか、また話がつながっていくのでご了承を。

この夏・・・ダンナと私との関係を大きく変える出来事があった・・・
私にばかり向けられていた嫉妬深いダンナのエネルギッシュな行動の矛先が少しずつずれて来ている。続きを読む

【人妻】妻の仕返し(1)【エッチな体験談 人妻、不倫】

は私と同じ30歳で結婚して6年になる。
共働きで子供はいない。細面でロングヘアがよく似合い、整った顔立ちで周囲からは美人だと言われてきた。

背丈は中くらいであるがスタイルは良く、特にの美しさはグラビア・モデルと比べても遜色ないと思う。

もともと大人しく温和な性格で、結婚以来は私に尽くしてくれていた。
男性からの誘いは引きもきらなかったようだが、浮気する雰囲気もまるでなく、私には優しく貞淑な良きであった。

ところが6年も一緒にいると性的な刺激が減退してしまうのか、仲は決して悪くないのに夫婦生活が次第に疎遠になり、この1年はせいぜい月に1回くらいとなっていた。
しかしは自分から欲求不満を訴えることもなく、夜の生活をせがんだりすることもなかった。続きを読む

【人妻】調教された人妻(5)【エッチな体験談 人妻、不倫】

「わかったでしょ・・・さあ、オジさまに素敵な身体を見せてあげて」
泣きじゃくる真紀の身体を擦りながら背中のファスナーを最後まで下ろすと、チェックのワンピースが肩を滑って落ちそうになる・・・

「いやいやよ・・・だめよ・・・これ以上恥ずかしいことなんてできない・・・」
それを真紀が必死になって手で押さえ、イヤイヤを始める。
「どうしてだめなの?・・・ちゃんと言うこと聞くって約束したじゃない。幸せでいたいんでしょ」
「や、やめてぇぇ・・・いやよぉぉ・・・」
「うふふ・・・」

自分自身の肩にしっかりと食い込んでいるように見える真紀の指だが、淫靡な罠にはまってしまい残された力はほとんどない。

震える指を背後から一つずつ簡単に取り去っていくと、ワンピースが白い落下傘のように足元にふんわりと舞い落ちて、素肌につけているフレグランスの甘い香りが広がる。続きを読む

【人妻】エロ雑誌モデルの妻(2)【エッチな体験談 人妻、不倫】

今回の撮影は夫婦仲を高めるのに、素晴らしいスパイスになりましたが、それは同時に禁断の果実でした。

この撮影以降、続きがあるんです。
当時は、女子大生ブームさながらでしたし、女子高生と言う単語が使えず、女子校生って言い代えた言葉が出たりと時代は、低年齢化していました。
しかし、人妻というジャンルもあって、自分みたいなマニアもいた訳です。

は、所帯っぽくなく、おばさんモデル(失礼)が多かった、その雑誌には久々にヒットだった様でした。
正直、女子大生には苦しいですが、独身に見えない事もありませんでした。

さて、この雑誌では、人妻感を出す為に、結婚指輪を必ずさせていて、オールヌードの裸身には左薬指に指輪が光っているポーズが必ず載っていたんです。続きを読む

【人妻】課長に寝取られた妻(4)【エッチな体験談 人妻、不倫】

次にバイブを出してきて、嫌がる私を無視してショーツの股の部分をずらして、
中に入れるとまたショーツを元に戻しました。
外に出ようとするバイブを、伸びたショーツが押し戻してきます。
「俺のより少し細いが、俺だと思ってこれで少しの間我慢しろ。残りのビール
を飲んでくるから、1度気を遣ったら本物でしてやるから“いきました”と大
きな声で呼ぶんだぞ。」
彼はバイブのスイッチを入れると、ドアを閉めて行ってしまいました。

バイブが私の中で暴れ回り、初めての感覚に5分もしない内に気を遣ってしま
った私は、必死で彼を呼びましたが来てくれません。
そうしている内にまた感じだし、呼ぶと言うより叫んでいました。
「いきました。来て。いっちゃいました。早く来て。また駄目になる。」続きを読む

【人妻】妻を貸し出した末に(4)【エッチな体験談 人妻、不倫】

しばらくしてKさんと会ったとき感想を聞かれましたので、
「よかったのでもっといろいろKさんのテクを見せてほしい。」
と答えました。
同時に
「もう一度同じ部屋にいて、生で見せてほしい」
とも頼みました。

2番目の要求にはびっくり顔で、また考えておくとの返事でしたが、最初の要求にはKさんもノリノリの様子で、次に渡してくれたビデオは、カメラも二台に増えてDVDに編集して焼いてもらいました。
次のビデオはベッドの上での69から始まりました。
カメラはベッドの後ろから望遠を使ったアップ映像です。続きを読む

【人妻】妻と会社の後輩(2)【エッチな体験談 人妻、不倫】

そして、4回目へ。
彼はだんな(私)のことを聞きながら、へどんな気持ち? 浮気しているのは? だんなからメールが来ているのに、ほったらかして他の男とセックスしているのは? と言葉で責められたそうです。
正常位でガンガン突かれて何回もイッてしまたそうですが、彼はさすがに4回目なので、なかなかイカず、おつゆがシーツにあふれ、彼から刺されるたびにブシュッ!ブシュ!と濡れたいやらしい音が響いたと。

そこで、気になることがありました。「何回もイッた」ということが。
私との夜は何回もイクことなどありませんでした。せいぜい1回。
それも数回のセックスで。
はイキにくい体質だと思っていましたし、も「あなたに抱かれるだけで幸せ、そういうのは関係ない」と言っていました。続きを読む

【人妻】妻を貸出してしまった(1)【エッチな体験談 人妻、不倫】


(1)プロローグ

 私は愛する・香里を他人に貸し出すなんて絶対に考えられないと思っていた。香里を愛していたし、愛してくれていた。

 生きると言うことの難しさを教わった時でもあった。何もかも夢を描いて努力すれば、思いのままになると信じていたしこれまではその夢を実現できた。順風万風であった。

 サラリーマン時代、会社の営業職コンテストで社長賞を3回獲得した。それで30歳で部長職になった。ある社長から脱サラするのであれば、出資してやると言われた。

 チャンス到来と3千万円の出資を受けて脱サラした。最初の3年間は順風に売り上げも増加して行き、1千600万円を返還してオーナーと私の株式比率を53%にした。

 アメリカのリーマンショックもあり、売り上げが激減してきた。販売店舗を6店に拡大していたので、余剰金1千万円も底をついてしまった。銀行から金を借りようとしていたらオーナーから電話があった。続きを読む

【人妻】衝撃だった妻の過去(2)【エッチな体験談 人妻、不倫】

僕はのアソコを触りました・・・もの凄いビチョビチョでした・・・恐くセフレを思い出して濡れてしまったのでしょう。
残念な事に、僕が知る限り今まで一番濡れています・・・僕がどんなに愛撫しようが、セフレの思い出にすら勝てなかったようです。

は珍しく興奮しているのか、触っても嫌がりません。
僕は調子に乗って、パジャマをズリ下して、ビンビンになったアソコを挿入しました!
も嫌がる事無く「あっ、いきなり?あっ、はぁあああ」と声を出しました。

僕:「セフレにもこうやって生で入れられたのか?」
:「あんっ、そう、そうよ、いつも生だった、危険日でも関係ないの、いつも勝手に中に出しちゃうの」
僕:「セフレはお前の事が好きだったんじゃないのか?」続きを読む
エッチな体験談おすすめサイト
エッチ体験談が4万件以上!! レイプ体験談 痴漢体験談 不倫体験談・人妻体験談 近親相姦体験談 エッチ体験談 エッチな体験談 フェチ、マニア、性癖