エッチな体験談 人妻、不倫

人妻、不倫、夫婦ネタのエッチな話、体験告白集です

【人妻】妹と俺と妻のSM的関係(1)【エッチな体験談 人妻、不倫】

うちのは私の事を昔からずっとお兄ちゃんと呼んでくれています。
とは高校、大学時代と男友達のようにスポーツ観戦や食事に出かける事が多かったと記憶しています。

去年の夏、の旦那が事故であっさりと亡くなってしまいました。
四十九日が過ぎて形見分けって大げさなものではないけれど遺品を親しかった人間や親きょうだいなどで分けると
いう事で私達夫のマンションに行きました。私は亡くなった方の服や時計とかは何となくイヤだったので電化製品なんかが良いななんて思っていました。

「近いだけあって来るの早い。。お兄ちゃんたちが一番最初、どれでも好きな物持っていってイイよ」
はそう言いながら私達を旦那の部屋に案内してくれます。電化製品であるのは昔ながら?のブラウン管TV、アイロン、ドライヤー、DELLのタワーPC1台、液晶のワイドディスプレイ2つ、プリンター、スキャナー、後はPC関係の小物や部品がいくつか。続きを読む

【人妻】妹と俺と妻のSM的関係(2)【エッチな体験談 人妻、不倫】

私はこのままじゃヤバイと思い二十歳過ぎくらいから無理矢理距離を置くようにしました。

そして私は梢のことを何があっても「だ」と、女性として見てはいけない、と思いこむ様にしてきました。
が懐いているのは兄だから、自意識過剰は馬鹿のする事。梢が、が私の事をマジ好きでいるというのは・・・
・・・・妄想、オナネタでしかないハズでした。
(今振り返ってみると、そう考えていた事自体がを特別な存在と捉えていた裏返しだったと思われます。)
「あたしのこと、嫌い?好き?」
秀麗な顔が小首をかしげながら無茶な質問をしてきます。
根本的に肉親、なんだから嫌いなわけない。美人でカッコ良いし、話も合うし、趣味も似ている、として兄を立ててくれるし、一緒にいてよりも楽しい、何より昔から俺の事をいつも見ていてくれてた。続きを読む

【人妻】妹と俺と妻のSM的関係(3)【エッチな体験談 人妻、不倫】

今晩どんな顔してに会えばいいか分かりません。帰りの電車内、駅が近づくにつれ胃が痛くなっていきました。
そういえばUSBメモリでに写真を見せるにしても自分で何か調べ物するにしてもノートPCがあると便利だよな、と思い現実逃避気分も手伝って近くのY電機に突入、衝動的にノートPCを買ってしまいました。
手持ち金無かったのでカード、ボーナス一括払い。
ボーナス時期に自分自身会社にいられるのかな、なんて事も考えたりしました。
ちょうど買い物をしている時にから「(同僚の)K子と食事して帰るから遅くなる」とのメール。K子の名前を見て更に胃が痛くなりました。

色々思うところがあるのでいつもならOKとかに返信するのですが今回は無視します。ちなみにその後数回から何気ない文章のメールが来ましたがそれも無視しました。続きを読む

【人妻】妹と俺と妻のSM的関係(4)【エッチな体験談 人妻、不倫】

「あーあ、向こうのミスでオウンゴール!って思ったんだけどな。」
「何だよ、オウンゴールって。。まあ離婚する、しないにしても何だかかスッキリしないからしばらくここで別居生活とかしようかなあ」
「お兄ちゃん、夏美さんにだけじゃなくてあたしにも未練たらたらだな。、この優柔不断男。!」

もう本音を言ってしまえ。
「あーそうかもなあ・・・正直な話さ、お前がじゃなかったら俺絶対に梢一筋だったはずだよ、でもなお前はだから理性というか世間体的に別の人を探しちゃったワケなんだよね。そして結婚すれば恋愛感情以外の肉親的な感情も出来るし長い事?一緒にいれば夫婦としての自覚も出来る。今、夏美はスゲー反省しているように見える、だから今回だけは許そうかなって。でも、梢、お前といるとなんか色々心が乱れて、やっぱり夏美と別れてお前とずっと一緒にいたいとか考えちゃうんだよね。どう見ても優柔不断でダメ男だろ。」続きを読む

【人妻】妹と俺と妻のSM的関係(5)【エッチな体験談 人妻、不倫】

しばらくしてから洗濯機のある脱衣所に行きました。
「おーい!、大丈夫か!?」
水音が聞こえるバスルーム。私のと私の恋人?であるなわけなので別に普通に覗いても良かったはずですがどこか躊躇われ脱衣所外から声をかけました。
しかしシャワーで聞こえないのか返答がありません。
不思議なドキドキ感を味わいながら脱衣所に入りとりあえず洗濯機に汚れ物を放り込みます。そうしてからエイ!とばかりにバスルームの扉を開けました。

シャワーが明後日の方を向いておを出してしています。
プラスチック製のお風呂椅子に座っているの夏美の裸の背中、その向こう側でスポンジを持つこれまた全裸の梢。
どうもお漏らしをして放心してしまっているが洗っているようでした。と私、目が合います。続きを読む

【人妻】妹と俺と妻のSM的関係(6)【エッチな体験談 人妻、不倫】

がこんなに温泉好きだとは知りませんでした。「じゃあ用意する」と言ってからトイレに行きました。

「お兄ちゃん、夏美を抱いてあげなヨ、本気で寂しがっているよ」
「ああ、ってお前それでいいのか?」
「そうだねえ・・・・でもやっぱ知らないうちにされたらチョット嫌かな。」
「じゃあお前の前ですればOKか。。。」
いつもの突っ込み待ちの台詞。
「インターチェンジの近くに、それ系のアレ、あったよね」
から欲情したような声と表情でマジレス。が返ってきました。内心ガッツポーズというか口から心臓が飛び出るほどの興奮が湧き上がりました。
が、出来るだけ表情には出ないように気をつけながら「楽しみにしてるぜ。」なんてちょっとキザっぽく言ってから梢に口づけをします。続きを読む

【人妻】室内プールで妻が【エッチな体験談 人妻、不倫】

(1)
以前、が他人に悪戯されるのを見て興奮した男です。
今回は子供が春休みだったので、行がてら家族で県外の温水プールに行く事にした。

行当日、朝早く出発し、4時間程で現地に到着した。
辺りは、まぁ田舎の沿いの街といった感じだったが、施設に到着すると南国ムードプンプンだった。
ゲートを潜り、施設内に入った。私は子供を連れ、と別れ更衣室へ向かった。
プール入り口で待ち合わせ、を待った。
白いビキニに身を包み、ムチムチのが現れた。
今回のビキニは、この行の為にネットで新しく購入した物で、私も一緒に選んだエロ心を擽る私一押しの品物だった。

は、このビキニを履くためにマン毛を整えた位だった。(元々毛は薄いので、少し整えた位)続きを読む

【人妻】妻と沖縄旅行(1)【エッチな体験談 人妻、不倫】

昨年、3泊4日沖縄行に行った時の出来事を報告します。

私達は33歳同士の夫婦で、3歳になる娘が1人います。
昨年9月に連休をとることができ、の両親から娘の面倒を見るからと言ってもらって2人での沖縄行が実現しました。

2人きりでの行も娘が生まれてから初めてでしたし、夜の営みも暫くなかったのでいい機会だと思い楽しみにしていました。

ですが、顔は美人な方でスタイルは吹石一恵より少しだけ肉付きのいい身体をしていたので少し自慢に思っていました。
名前は一恵としておきます。

沖縄に到着してホテルにチェックイン後、軽くホテル内のガーデンプールに行くことにしました。
早速着替えビキニ姿を目の当たりにすると相変わらずのスタイルに少しムラムラしました。続きを読む

【人妻】万引き妻(2)【エッチな体験談 人妻、不倫】

麻紀「いっいい~それっ擦れてぇぇ・・」
男「このチンポ試してみたいやろ?」
麻紀が小声で「試してみたいですぅ」
男「よっしゃ合意やな?奥さん挿れるでえ~生肉棒や旦那以外の5人目の肉棒や味わえよ~」長いストロークで「ズブズプ」と奥まで挿入されました。
麻紀「う・・うん大きいぃ」と少し体が仰け反る感じです。
男「奥さんホラ、ズップシ・・全部挿ったやん・・」と男が腰を「ズコズコ」しています。
麻紀「あああぁぁ、、イイ気持ちイイ、、ああ、、お、お~奥、まで、届くのぉぉ子宮、、壊れるぅぅ」」

男「奥さん俺のチンコどうや?奥さんのスケベ穴が俺の奥まで咥えこんでるでぇ~」
麻紀「すっ凄くぅ大きいですぅ、、今までこんな大きい人とした事ないですぅ・・」続きを読む

【人妻】無垢な妻(1)【エッチな体験談 人妻、不倫】

僕のは34歳になるのにどちらかというと童顔で性格も幼く他人から見れば20代後半に見られます。

顔立ちは女性誌の表紙によく出ている「黒田知永子」似で良という言葉が当てはまる僕にとっては申し分のない美人妻

職業は私立幼稚園の教諭。学生時代からの付き合いから一緒になったので処女であったことは間違いなく結婚後も僕一筋に尽くしてくれていました。

そんな申し分のないなのだが不満がある。職業的かも知れないが世間知らずで真面目。

夫婦生活でマンネリ化しているときに例えばアダルトDVDなど一緒に見ようとするとまず毛嫌いされます。

テレビなどでの浮気シーンや、不倫話はあくまでも縁のない作り話としか思わず結婚しているのにそんなことなんてあり得ないと思うタイプだけに厄介な面もあったのです。続きを読む

【人妻】無垢な妻(2)【エッチな体験談 人妻、不倫】

「ホント?」声が明るくなっていました。

「ああ・・・いいよ」

「じゃあ、言うわ」はもともと、隠し事は出来ない性分だったのです。

デートしたいの

女性だけの職場だけに知り合う男性は数少ないはずです。

貞淑なデートしたいと思う男はいったい、誰なんだろう。興味は沸きました。

「幼稚園にくる教材関係の人なの」

「?」職場のことはよくわからない。

先生方っていっぱいいるのに、わたしだけこっそりお誘いしてきているのよ」少し、自慢げでした。

「へえ・・・ママが綺麗だからかな」話のわかる態度を見せました。

「うふふ、そうかな」まんざらでもなさそうです。

「でも、パパに内緒ごとは嫌だし、それに噂になっても困るからね・・・断わり続けてはいたんだけどパパがいいっていうならお食事くらいつきあってもいいかなって思ってね」続きを読む

【人妻】無垢な妻(3)【エッチな体験談 人妻、不倫】

そのうち仕事やらが多忙になりとの会話が疎かになっていきました。

も教材関係の男と食事してきてからそのことはあまり話さなったのでそれっきりかと思い込んで僕もあまりしつっこく聞くことは止めて数ヶ月ほど経過しました。

その間、時々スワッピングの話をするもからの返事はもらえず、夫婦生活も次第に遠のき月に1.2度というパターンに戻ってしました。

僕は月に2度ほど土曜日にゴルフ仲間とコースに出るようになっています。

朝早く仲間が車で迎えに来ることになっておりは必ず仲間に顔を出して挨拶する律儀な性格です。

「○○ちゃん(僕のこと)の奥さんってさ、いつ見ても美人だよね。しかも最近ゾクゾクするような色香が出てきてないか?」自称、女遊びのプロと認めている仲間の一人がの見送り顔を見て呟きしました。続きを読む

【人妻】無垢な妻(4)【エッチな体験談 人妻、不倫】

しかし、心のどこかでは絶対に浮気などするはずはない、できるはずはないという概念がありました。

の漏らした疑惑の言葉でも日が経っていけば、あれは別に誰かと比較して喋ったことではなくたまたま、言葉のアヤみたいな感じで言っただけのことで僕が都合いいように解釈しただけではないかとも思うときもありました。

それゆえに、どうしてもの口から事実を喋らせたい、白状させたい心境が高まっていきました。

に探りを入れてみました。

スワッピングする気持になったかい?」イエスと言えば男に抱かれたことになるのです。

「また、そのこと?まだそんな気持にはなれないわ」スワッピングする前に男に抱かれて慣れさせるつもりが相変わらず頑固に断り続けていました。続きを読む

【人妻】無垢な妻(5)【エッチな体験談 人妻、不倫】

「初めて食事したときは本当に何もなかったよ、これは信じてね」

「そんな軽い女じゃないのはわかっている」

「その時にまた逢いたいと言われて・・・」

「ママはどうだったの?」

「うん、感じ良かったし・・・わたしもまた逢いたいと思ったわ」

「好きになったんだ?」魚心あれば水心か・・・

「・・・そうね、パパとは違うタイプだし少し惹かれちゃった」

「二度目はいつ逢ったの?」

「パパがゴルフへ行っているときにお昼でもどうですかってメールが入ってね」やはりそうだったんだ。

「行ったんだね」

「・・・少しくらいならいいかなと思って」

「そうしたら?」

「食事が終わってからあまり遠くは嫌だから○○市の公園までドライブしたの」続きを読む

【人妻】無垢な妻(6)【エッチな体験談 人妻、不倫】

「でもね、彼ってそれからがすごかったの」から口を開きました。

「うん?」意味がわかりませんでした。

挿入したままでね、またしてくれたの」

「何て言った?」

「一度目が終わってね、そのままキスをし合うのね・・・そうするとまた元気になってきて二度も三度もしてくれたの」

目に浮かぶ・・・全裸の男女が挿入したまま抱き合って唾液で濡れたデイープキスをし合っている姿が・・・

「パパとは連続二発もしたことないしね」大体、男は一発が終わると疲れるはずなんだが・・・。

「ほら、もう、パパのは柔らかくなんてきている」バックから挿入している肉棒の感触を確かめるように言いました。

「もう、できないな」挿入したままでも、すでに萎えてきていました。続きを読む
アダルトグッズ・大人のおもちゃ激安通販
エッチな体験談おすすめサイト
エッチ体験談が4万件以上!! レイプ体験談 痴漢体験談 不倫体験談・人妻体験談 近親相姦体験談 エッチ体験談 エッチな体験談 フェチ、マニア、性癖